代表の言葉 - 「憶えておきたい事と伝えておきたい事」

株式会社たまや 取締役代表「安保 尚雅」の想いとメッセージを綴ります。

お気に入りのアロハを収納

今夏は天気があまり夏らしくなかったが、それでも7月と8月はそこそこ暑かった(;^ω^)

殆ど毎日のようにアロハにショーツ、レインボーサンダルには世話になった。

 

パタロハも生地の色が若干抜け落ちそろそろ買い替えの時期が来てると思うのだが、肌触りがとても良過ぎて中々捨てられない(;^ω^)きっと来夏も7月になったら赤と青を交互で着ることになるだろう。

 

 

秋は食べ物も美味しいが、何よりお洒落を楽しめるのがいい。今年はセーターを着まわそうと思っている\(^o^)/

 

 


パタゴニアショーツ

夏がくると必ず履いたパタゴニアのショーツ。10年程世話になっただろうか。

 

軽くて動きやすく、速乾性が良く、ポケットが多くて機能的、

 

自転車乗りで酷使したからだろうか・・お尻の生地が透けるほど薄くなって、ついに破れてしまった。

 

 

修理することも考えたが、勉強のために最新の素材や縫製技術を使ったパタゴニア製品を履いてみよう。

 

メンズファッションは長く付き合えることがとても大切だと思う。


衣替え

今冬もヘヴィーローテーションで使用したウールカシミアのネクタイ。

 

 

毛玉ができるほど巻いた(;^ω^)

 

上質な素材を使ったマリネッラのネクタイは肌触りが良く巻くたびにウキウキする。

 

天日干しして、毛玉を取って来年の秋まで収納。

 

朝晩はまだまだ寒さが残るがウールコートやツィード系JKから衣替えするとしよう。

 

 


衣替え

一気に秋モード!今週は秋晴れが続く予報。

 

リネンやコットンのジャケット、ローファーなどは一先ず収納し、変わりに起毛ジャケットにセーターやブーツ類を取り出し早速メンテナンス。

 

 

お洒落はちょっと先取りとヤセ我慢も必要(;^ω^)

今日も日中日差しが強かったので起毛素材はちょっと暑い。3ピースも夜なら着こなせるが・・ただ、足元はショートブーツで季節を先取り\(^o^)/

 

お陰様で売り場もこの三連休はアウターやミッドレイヤーを中心に秋冬の新作モデルがご好評いただいた。

 

嗚呼、早く降雪便りが聞こえてきて欲しいと願う今日この頃・・

 

 


シルクのソックス

パジャマ同様、シルクの靴下も履き心地最高\(^o^)/

 

 

メリノウールのソックスを長年愛してきた小生にとって、これまた目から鱗の超快適。

ひんやりとする感触は今時のジメジメするような季節に最適。

 

着用2週間ほどでかなりヘヴィーローテーションで使用しているが、今のところ穴が開いたり破れたりすることはなく、耐久性も全く問題なさそう。

 

弊社では現在取り扱いを行っていないが、おすすめのメーカーをチョイスして是非ご提案したい。

 

シルクって速乾性も非常に高いので、梅雨時の今も超おすすめの素材。

益々、3種の天然素材(ウール、麻、絹)の虜になりそうだ。


旅用コート新調

週末からカナダへ出張予定。

現地の方に電話して気候を聞いてみると厚手のダウンは不要で薄手のダウンとセーターがあれば今週はベターといわれた。
今時期の三重県よりも寒いのは判っているが端境期の洋服と靴選びは慎重になる。

アークテリクス”ヴィランス”のwind(風)blockする薄薄コートにジョンスメドレーのカーディガン、靴はお馴染みのJLバロスをあわせて旅に出よう。

それにしてもヴェイランスって素敵!どんな旅にも重宝するアイテムが盛りだくさん。

本格的な冬が始まっていないのにsold outな品番が多いとスタッフはつぶやく(カッコイイんだからもっと仕入れようぜ(;^ω^))












​​

短パン

外遊びが最も楽しい五月に入った。しかし、紫外線は最も強いので日焼け止めには重々注意したい(;^ω^)

穏やかでお天気がいい日は短パンに裸足が最も気持ちいい。

お店に並び始めたショーツ類を見ると何枚も欲しくなる。
インナー付きのボードショーツやランニングショーツならお行儀悪い話で恐縮だがブリーフレスで履けるので俄然気持ちいい。

嗚呼、海が恋しい。



 

シャツ襟の交換

シャツの中でもオックスフォード素材は一番の大好物。シャツの前立てを好まないが唯一オックスフォードは前立てありがカッコイイ。通気性の良い生地は洗うほどにアジを増し体になじむ。ただ他のシャツ同様、傷みが出るのは襟と袖。汚れたり破れたりしている襟はいくら体にフィットしていてもカッコよくない。

3シーズンほど着込み、コーヒー沁みが薄くなるほどアジが出てきたサックスブルーのオックスシャツ、少しばかり襟先が破れてきたので交換してみた。



同色だと明らかに色のトーンがミスマッチになるのでホワイトカラーを装着しクレリック仕様にしてみた。仕事柄色々なオックス素材のシャツを見ているが、意外にクレリックは少ないかも。

お気に入りのものを大切にしトコトン着潰すのも自分流。今度はホワイトオックスの襟をサックスカラーにチェンジしてみよう。

 

春シャツ

洋服で最も好きなものはデニムに違いない。これは生涯変わらないだろう・・叶うものならデニム専門店もやってみたい(;^ω^)

トップスはセーターかシャツかで迷うが出番の多いのは圧倒的にロングスリーブのシャツ。

春の装いに新調した。



お馴染みブルーとネイビーカラーに今回はちょっと大きめのチェックをピックアップ。襟型は180度開襟のCut Away、釦は本貝、袖は小丸でボタンホールはコンバーチブル、前立もポケットも無しのマイスタイル。

発売中のハイファッション誌でラルフローレン氏も仰っているがファッションとスタイルの違い、つまり流行と自分らしさのバランスがメンズのスタイリングに最も重要であること。長年、服(福)を販売してきても奥の深さに日々学ぶことが多い。

”洒落者”といわれる人のクローゼットには同じ系統のものが整然と並んでいるとはよく言ったものだが、その意味合いも少しばかりわかるような気がする。

季節の変わり目、衣替えを思うだけで何だか心が躍る。

春だな・・・







 

スーツのおすすめ収納方

ここ数日寒暖差が激しくてあわせる服装が難しい。起毛素材のコートは勿論のことフランネンル3ピースも季節感がずれてはいるがジャケットの下にベストがあると朝晩は丁度いい。流石にtweed系はお役御免と思いクリーニングをすでに済ませた。

今日は小生の収納術を少しご紹介したい・・といっても特別な方法ではないのだが(-_-;)



ジャケット用段ボールに入れて一枚一枚収納。

4シーズン風通しの良い場所でハンガースタンドの掛け収納がベストかと思うが、洋服というものがこれほど溢れる時代、収納場所に困らない人は少ないだろう。

段ボールは一枚200円前後。折ジワには注意し防虫剤を入れるのも忘れてはならない。ジャケット・パンツ・ベストは勿論、ハンガーもあわせて収納することができる。箱を積み上げても洋服にダメージを与えることもないし、日焼けの心配もない。箱に品名を記載しておけば何時でも取り出すことができる。ロングコートはスペース上おすすめできないがショート丈のコートやレディースコートなら問題ない。ただ、カシミアやビキューナなどのウール製品は収納時にプラス防虫シートを入れることをおすすめする。

もう一つ収納時のポイントとして、洋服の縫製不具合などがないかもチェックする。特にパンツの股割れ部分やお尻周りは以外に痛みやすい。裾のダブルの折り返し部分は埃がたまりやすいのでここもブラッシングをおすすめ。


素材と縫製の良いものを長く着るには常日頃のメンテンナンスが欠かせないことをな長年洋服販売を生業にして学んだことである。



 


CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

PROFILE

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode

ADMIN

FEED

RSS ATOM