秋晴れの庭先でコロナビール(^_^;)

秋晴れの休日に日曜大工したり、お庭掃除したり、車を洗車したりしたあとにコロナを飲みながらボーっとするひと時が堪らない贅沢😋

休日は人の事とお金の事は考えない✌️

閑話休題、

先日、長男が長年勤務していた会社が破産した。給料の遅配もあり、有給取得もままならなかった。代表者は病気を理由に今後の対応について一切アナウンス無し。倒産した真相はわからないが、歴史があり、多くの人を長年雇用し、お客様のために尽力した功績も倒産すれば無になってしまう。勝てば官軍、負ければ賊軍という言葉は嫌いだが、経営者である以上、それを否定することはできない。

世に役立ち、お客様に喜ばれ、従業員に働く意義と安らぎを与え、家族を守ることがいかに困難なことか・・自身が経営者を引退する日まで苦脳と恐怖にうち勝たねばならない。

自閉症の長男が勤務した会社が倒産し、怒りが込み上げる点もあるが経営社として学ぶべきことも多いのは確か。休日にコロナをガブ飲みしても結局、頭から経営のことを忘れることはできない😅

ホアキン版ジョーカー

前評判が相当高かった為大いに期待して鑑賞😃

いかにしてジョーカーが誕生したかを描いた本作、ホアキンの演技に圧倒されるものの、語り尽くされたストーリーはついつい先読みしてしまう為122分の上映時間がやや長く感じ私的には⭐️⭐️⭐️🌟3.5点💦

ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、スーサイドSのジャレッド・レトなど名だたるアクターが歴代演じられたきたが本作のホアキン・フェニックス演じるアーサーフラックも間違いなく殿堂入り。

ボーダーラインの続編で音担当したヒルドゥル・グーナドッティルの重くて暗くて不安を煽るVUCA(ブーカ)感が映像と内容にシンクロし堪らなく良かった✌️

秋は映画と本と夕焼けがイイ🍁

二冊のアパレル関連の書籍を読んで・・

「サンモトヤマ」がおよそ10億円の負債で自己破産。インフルエンサー「梨花」がプロデュースした代官山本店が9月末で閉店。百貨店ブランドを複数展開するオンワードが600店撤退することを発表。ファッションECにおける時代の寵児であったZOZOもヤフーに身売り・・このところのアパレル業界は猛烈なシケに晒されている。

弊社はこのファッション業界で26年ご飯を食べてきた。時代時代で的確な判断を会社幹部で行ってきたからこそ今があるのは確か。しかし、この先10年は更なる変革に挑まなければ淘汰されてしまうだろう。

ヒントを求め二冊の業界書を読んだ「アパレルサバイバル」と「2030年アパレルの未来」

両書共にアパレル業界の歴史や問題に付いて理路整然と記されており流通革命やAIによる更なるパーソナライズ化、グローバルビジネスなどに付いての必要性も詳しく解説されており大変参考となった。

そして何よりも本書に共感し、弊社が最も強化したいと考える「プロスタッフの育成」と「実店舗にて体験やイベントの開催」の重要性。

仮想店舗と実店舗。共にお客様にとって必要な場所であることに違いない。今期も実店舗に対し大掛かりな投資を行う。何故、この時代に仮想店舗に注力しないのかを問われることもある。

弊社は地域に根座した会社に誇りを持ち、次世代のために事業を継続し、お客様に笑顔を届け自分も笑顔になることを心から目指したい。

台風19号による被災地の映像を見て、心が引き裂かれるような思いがした。雨風を凌ぎ心の安らぎを得る家を失った皆様には心からお見舞い申し上げます。被害がこれ以上広がらないことを祈ります。

被災された皆様にお見舞い申し上げます

台風19号の影響で被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。河川の増水による水害や土砂災害など危険な状況は未だ続きますがどうか無事を祈るばかりです。

幸いなことに我が住まう、四日市は甚大な被害を受けることは無かったと思われる。計画休業、有事の際の連絡方法、飲み水の備蓄、発電機などを準備したが緊急を要さず今日から仕事ができることに安堵を感じると共に自然の脅威を痛感した。

昨夜、台風の猛烈な風音の中、ヘットライトを手元に置き、災害特別番組を見ながら家族で自然災害の怖さに付いて語りあい、平常がどれほど幸せかを改めて家族全員で噛み締めた。

礼儀正しさ

「礼儀正しさ」こそが最強の生存戦略である。この言葉は正しい。

50年を越えて生きているがお恥ずかしながら時々礼節さに欠けることがある。20代、30代の頃は無礼なことがあっても若さというハンディで許されたことが今の立場と年齢では決してあってはならぬこと。

本書を読む以前「礼儀正しさ」の重要性をビジネスの場で恩師に教えていただいた。それから礼節さを強く意識するようになった。

ただ、無礼な人にはついつい礼節さを欠いてしまう。本書には具体的な対処方法や自身の心の持ち方なども記されており大いに参考となった。

これからも「礼儀正しさ」を軽視しないよう心がけて生きたい。