代表の言葉 - 「憶えておきたい事と伝えておきたい事」

株式会社たまや 取締役代表「安保 尚雅」の想いとメッセージを綴ります。

紅葉

本日は涸沢の紅葉を日帰りで目に焼き付けてきました。


吹流しと山間、太陽のコントラストがとても印象的でした。
トレイルランナー、スルーハイカー、有名人・・大変多くお見かけしました。


物欲

手前味噌な発言になるが、弊社の売り場には個人的に欲しい物が沢山ある。


万人受けするようなものは少ないかもしれないが、創造主の思いが鮮明な作品を意識してバイイングしている。

秋の立ち上がりで物量が多く、目移りするほど物欲をそそられる。


個人買いはお客様に商品をお披露目してからではないと御法度なので、少々辛い。

しかし、使わなければインプレッションを熱く語れないのでこっそり購入するとしよう。







見た目重視か・・それとも用途重視か・・

店頭で接客させて頂いていると実にお客様は多用な感性をお持ちであることに気付く。

「富士山登るから35リットルのザックが欲しい」

「かわいい色で23センチのトレッキングシューズありますか」

「暖かいゴアテックス(?)のジャケットください」

・・・

我々は正しい情報をお伝えするのは当然の任務であるが、お客様の声や優先順位、コストなどをトータルで考えて提案するのは実に難しく、引き出しを沢山要する。

知っている浅はかな情報を見せびらかせてお客様を不快にさせてしまっては当然NGであるが、信憑性の無いネット情報を唱えられても安易に頷くこともできない。

山登りやバックカントリー、トレイルランニングをこれから始める方に、自分自身特に気を配って接客していることがある。

それは、


”そのスポーツを好きになってもらいたい”

商品(道具)のセレクトは見た目と使用用途のバランスがとても大切だと思う。





秋の味覚

秋刀魚、松茸、秋茄子、林檎、梨、栗、柿、葡萄、里芋、戻り鰹、鰯、無花果、南瓜・・

秋は本当に旨い食材が多い。普段雑食の自分もこの時期だけは、あれやこれや妄想して食品売り場をうろつく。

食材が旨いということは同時に酒も進む。昨日から水割りをお湯割りに変えた。

秋の夜長、酒を飲み旨いものを口にし、読書にふけるのはとても贅沢。

・・とは言いつつも接客業にとって180秒で胃袋を満たすインスタント食品も必須だ。








電動工具

素人の日曜大工には電動工具が無くては捗らない



2×4材をハンドソーでカットすると1分かかるところが、電ノコやジグソーを使えば数秒で切れる。しかも歪んでいない。ペーパーでゴシゴシと板面を磨くのも疲れるが、サンダをかければ一瞬で終わる。

店舗什器製作で久しぶりに電ノコやジグソーを使ったが、最近の電気工具がこれほど素晴らしく扱いやすいとは驚いた。

”機械物に頼ってばかりではいけない・・”そんな考えがどこかにあるが、こと日曜大工においてはマシーンを使った方が早くて綺麗である。

バック用陳列棚3台の製作が終わった。来週はボード立てとOSB合板を使った収納ボックスを新調しよう。






楽しみ方いろいろ

山の楽しみ(愉しみ)方は人夫々である。

日常では見れない景色を肉眼で見る為に登る人、新鮮な空気と音を楽しみに登る人、登りながらの会話を楽しみに登る人、風を感じ下る為に登る人、頂上で美味しいコーヒーを飲むために登る人、数字にこだわって登る人、達成感を感じる為に登る人、お参りする為に登る人、素敵な写真を収める為に登る人・・・

より、楽しむ為には自分のスタイルにあった楽しみ方を早く見つけるべきだと思う。

しかし、稀に自分の楽しみ方に陶酔し、人の楽しみ方を受け入れない方がいる。おおきく安全を犯し、人様に迷惑をかけていないなら、フリースタイルでいいではないか。

ゆっくり楽しむもよし、高速で楽しむのもよし、ピークを踏まなくてもよし、アルプスではなく里山でもよし・・

紅葉をゆっくり眺めながら親しい者とたわいもない話をしながら、ゆっくり登る。もしも、雨が降ってきたらテントに戻ってビールを飲みながら読書にふける。帰りは温泉にたっぷりつかって、地の物をたらふく頂く。

そんな山遊びが私のスタイルである。


コリン・パウエルの著書

最近、読み始めた書籍、コリン・パウェル氏の”リーダーを目指す人の心得”



ブッシュ氏に関しては良い記憶が一切無いが、当時、国務長官であったパウェル氏の冷静な言動には大変興味を持った。

私はナンバー2や側近が書く自己啓発本が大好きである。
黒衣というか、分をわきまえて事を成す冷静沈着な人間に憧れる。

もう何百冊とリーダー本を読んでいるし、結論がどういうニュアンスのモノか前書きを読めば直ぐに想像できるのだが、読むタイミング、言い回しによって受け取り方が微妙に変わる点がこの手の書籍の魅力だ。

名ばかり社長にならないよう、今日もリーダーの心得を復唱し、明日からも職務を全うしたいと思う。


身をもって知る

季節の変化と同時に店内のレイアウトを行なっている。
何かと都合が良いので2×4材をつかった簡単な棚を製作している。
日曜大工において素人と玄人の大きな違いは、仕上がりは勿論の事、怪我をしないか否かだ。
病院に行くほどではないが、今日ちょっとした傷を負った。



こうして身をもって覚えていく事がある意味、人間には必要だ。

明日は半日休みなので車と雨戸の洗浄をしよう。


日本山岳耐久レースを終えて

 二回目の参加となった耐久レースは思うような結果が残せなかった。



トレーニングも時間の限り行うことができたが、今回は完全に作戦ミスだ。
何事も用意周到に進めなければ事を成すことができない事を改めて知った。

それにしても、大会関係者様、ボランティアの皆様には敬服の他ない。
疲労困憊している時の激励は深く心にしみる。
険しい山中を安全に夜通し走れるのは、全てはこの方達のおかげだ。

本当にありがとう。

山岳地方では”トレイルランニングで街おこし”が最近話題のようだ。とっても良い事だと思う。年末には当県伊勢市で開催されるが、是非鈴鹿連峰での開催を願う。








2×4材木工

幼少の頃から図工と美術の時間は大好きであったが、センスははっきり言って全く無かった。
今でもポンチ絵を書く事もできなければ、図面を引くこともできない。

店内に使う棚や什器の類は非常に高価なモノが多い。一番コストを抑えるならば、やはりDIYに限る。

”誰でも作れる!”という見出しで、この本を買った。実に読んでいて、いや見ていて楽しい。



帰ったら、又店の商品置棚を作りたいと思う。



午後からハセツネのレースが始まる。又もや雨…ちょっと修行してこよう。



CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

PROFILE

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode

ADMIN

FEED

RSS ATOM