安保(アボ)という名字は珍しい。先日、漢字も呼び名も全く同じの女性と仕事を通じて出会ったヽ(^o^)丿

名刺交換をさせて頂くとぐっと親近感が沸き、偶然ではなく必然だと思った。

その方は伝統工芸に関わるとても尊いお仕事をされていてとても物腰が柔らかく素敵な女性。出身とかご兄弟とかもう少しプライベートのお話しも聞いてみたかったのだが大勢が集まる宴席の場でもあったので立ち話になってしまったのがとても残念。

「名字由来net」というサイトを見ると信憑性は兎も角、全国に「安保」という名字は9000人居るらしい。ただ、呼び名はアンポ、アンホウ、アンヤス、ヤスホなど色々。父方の出が三重なので恐らく伊勢が出となるのだろうか・・

小さい頃は「アホくん」と呼ばれ随分からかわれた。おかげで逞しくなった。今は自分の珍しい名が気に入っている。先祖様に感謝\(^o^)/

HIRUME

弊社のオリジナルブランドmimieで大変お世話になった生駒芳子さんが力を入れるオリジナルブランド「HIRUME」の作品を見せていただいた。

伝統工芸とハイファッションを組み合わたアイテムの数々。着る人、使う人をかなり選ぶと思うが素敵。

西陣織のリバーシブルスカジャンなどは大人の女性に是非来て貰いたい一枚。

ショールームもユニークで表参道から徒歩5分程の好立地の場所でありながら和庭園もあるミヤガワビレッジ。

 

当月も拙いブログをお読みいただき誠にありがとうございまいした。次月もどうぞよろしくお願い致します。

松阪木綿のハットとキャップ

三重県明和町で藍染され、織られる工芸品”松坂木綿”。藍物好きには堪らない柄と風合い。
そんな素敵な素材を世の若者に知って頂きたいと思い企画されたのがコチラ。

汎用性の高いバケットハットと洗練されたスタイルのワークキャップ。
現在、最も帽子専門ブランドとして注目されているCOMESANDGOESさんとコラボレーションした渾身の作。
可愛いから買った・・
かっこいいから買った・・
後から松坂木綿と知った・・
そんな製品を沢山お届けしたい。