クリスマスプレゼント

今年も早いもので40日を切った。社長として”やりたい仕事“ではなく“やらねばならない仕事”を最優先している。年内で終わらせる仕事は必ず決断してやり切る覚悟。

今年も頑張ったご自分へのご褒美に突如出会ってしまった😅

周囲からはマンマ仮面ライダーやん?と失笑されたがカーボンのウィングが私的には萌える。公道も走れて鈴鹿も走れる!増車は叱られるので90sを嫁がせようかとマジで考えている。ただ、動体視力が確実に落ちていることを実感する今日この頃、安全面を考えると周囲の反対を押し切る自信がない。まあ、エンジンに火を入れず跨っているだけでも気分爽快になるだろう💦人生最後のクリスマスプレゼント、何とかサンタさん我が家に降臨いただけないだろうか🎅

スペシャルなお食事

菰野町のアクアイグニスさん8周年記念イベントに僭越ながらご招待いただいた😃

辻口博啓氏、奥田政行氏、笠原将弘氏ご三名が腕を振るったスペシャルディナーをご馳走になった😋

①カシューナッツ豆腐煮穴子炙り胡麻クリームがけ②穴子となす焼きなすの香り③海老と百合根真薯かぶと斧のみぞれ仕立て④鯛のラビオリ⑤菰野豚のイタリアン角煮八角の蒸留水⑥秋鮭と里いも舞茸の炊き込みご飯⑦洋梨と柚子のヴァシュラン三重県さんみかんとマスカルポーネクリーム添え⑧温泉コーヒーにケーキのお土産😉ワインなどのアルコールやソフトドリンクもフリーフロー。

我が住まう街にこんな美食がいただけることに感謝感謝!

靴下

今冬用にソックスを新調した✌️

もちろんメリノウール❗️基本Smartwool党なのだが今回はPoint6とFitzをセレクト

主に普段履きとして使用するので中厚地のミッドウェイトモデル、山遊びでメリノウールソックスと出会ってからはウールソックス以外を履くことができなくなった。厚みを変えれば冬は暖かく夏は涼しく快適な履き心地。今ではフォーマルな革靴に合わせるホーズもメリノウールを愛用している。

お値段は少々張るが、価格相応の快適さがあるので化繊やコットン素材の靴下を普段ばきにされている方も是非一度お試し頂きたい😃

筋トレ

免疫力向上を狙って筋トレ再開😅

栄養バランスを考えた食事、良質な睡眠、適度な運動が感染症予防に少しは効果があると信じたい。

肩痛で筋トレを休止していたが軽めのウェイトで負荷をかけてみたが痛みは殆どなかった。無理な重量でやると直ぐに関節を痛めてしまうのでストレッチをしっかりやってから徐々にトレーニング回数を増やそうと思う。

年末にかけ時間に追われ運動不足に陥りやすいが仕事同様、計画的に筋トレメニューをこなしたい👍

来年はムキムキバキバキだ😅

お湯割り

お酒は年齢と共に量は飲めなくなったが、食事に合わせて全般嗜むことができるようになった。若い頃は焼酎がとても苦手で、特に芋の鼻につく独特の香りを嗅ぐと食欲減衰したものだが近頃は「濃いめ」でも行ける💦

芋焼酎といえば鹿児島産だ。特に(株)霧島町蒸溜所の“明るい農村シリーズ”が好みなのだが今秋は焼酎の原料に焼芋をつかった“農家の嫁シリーズ”を愛飲中❗️

甘みと香りが柔らかく5対5のお湯割りで頂くのが自分好み✌️

肌寒くなると日本酒の熱燗や焼酎のお湯割りが欲しくなる。今冬は寒さが厳しい予報なので家飲みは暖かいお酒を少しづつ楽しみたい。

海の恵み

自宅で鮮度の高い魚を食べると魚の美味しさと海の恵を心から感じる

秋鰆は脂がのって格別に美味しい😉

刺身、塩焼き、カルパッチョ、西京漬・・今秋はどんな味を楽しもうかと妄想するときが堪らない。ホワイトワインとのマリアージュも最高で個人的にはシャブリかソーヴィニョン・ブランが好み。西京漬ならボジョレーもいいかも😅

海の恵に感謝✌️

野ばらの実と木皮

今月の日がなビルの華は野ばらの実とビーチクリーンで手に入れたヤシの木皮🌴

愛らしい野バラの小さな実と荒々しい雰囲気の木皮が対照的で店内の雰囲気をぐっと秋らしくしてくれる。添えには柳原義達の鳩を。

徐々に設えも整い始めたが自分のイメージするアパレル店舗にはまだまだ届いていない。美意識が商品セレクトや接客、そして空間細部まで行き渡ってリアル店舗の存在価値がWebを超えると考える。これからも一つ一つ丁寧に手を加え、思いを現場に吹き込んでいきたい。

茂波

津市大門にある老舗割烹店“茂波”(モナミ)さんへ

恩師との久々の会食、実のある話しと美味しい旬のお料理をたらふくご馳走になった🙇‍♂️

瓦を積んだクラシックな壁が素敵で店内にも石積みされた空間が印象的であった。ただ、今風かというと昭和感が漂うので空間は好みが分かれるだろう。にしてもこんな美味しい季節の日本料理を静かな個室で頂けるのは本当に時間を忘れ至福のひと時。

こちらのお店は一階から五階まで食事のスタイルにあわせて客室が用意されている。世柄、グループなどで宴会ができないので団体用のお部屋は特に苦戦されているだろう。

本当に美味しい日本料理を地元で頂けなくなるのは県内在住人として忍びない。政府主導のキャンペーンもローンチされているが支援して残すべき食文化のお店に行き渡っていない気もする。残念ながら感染症の再拡大が連日報道され始めた。地域の伝統的な「食文化」がどれほど大切かを行政にはもう少し知って欲しいと切に願う。

Scroll to top