泡の魅力

昨夜は中級ワイン教室の4回目。勉強のテーマはシャンパーニュ地方・・ってことでワクワクしながら参加ヽ(^o^)丿

ワイン教室に通うまでスパークリングワインの知識が全くなかったが歴史や製法、味わいを学んでからはどっぷりと泡の魅力にはまった。今となっては夏の暑いこの時期でもビールよりスパークリングを「とりあえず一杯」飲みたくなる(;^ω^)

ただ、味覚と臭覚が鈍い自分は良く冷えていて辛口でガス圧がほどほど高いと大半のスパークリングワインが美味しく感じるので正直、高価な泡と安価な泡の違いを正確に言い当てることができない。又、食事の最初から最後まで泡で通すこともできない。やはり泡の次にはスティルワインが無性に飲みたくなる(;^ω^)

連日の暑さでホテル屋上のビアガーデンにも行きたくなるが、標高の高いキャンプ場に泡を持ち込んでしっぽりやるのが今の気分!

今日も暑さが厳しくなりそうですので皆様、熱中症にはくれぐれもご注意下さい。

 

 

ワインの奥深さ

ワイン教室も中級クラスの第三回目。昨夜はフランスロワール地方をお勉強。

中央フランス地区、トゥレーヌ地区、アンジュソーミュール地区、ナント地区の四か所でつくられるブドウ品種を詳しく解説頂いた後、いざテイスティング。

ソーヴィニヨンブラン、シュナンブラン、ミュスカデ、ピノノワール、カベルネフラン・・今まで学んだセパージュ。

ロワールのブドウが比較的軽めであることからか、判別がとても難しく感じた。ワインを学び始めて今秋で二年目をむかえるが、自身の発達していない味覚と嗅覚、そして表現力に少々自信を失った(;^ω^)

ワインに携わった新事業を立ち上げるならばもう少し気合いを入れて勉強し、沢山のワインに触れる機会が必要であることを痛感する。

 

 

 

オレンジワイン🍷

ワイン好きの諸兄諸姉であればこれからの季節、ロゼワイン同様オレンジワインを嗜む方も多いかと!

赤ワインのように果皮ごと醸造を施した白ワインをオレンジワインと呼ぶ(ワインを習うまではオレンジとブドウのハイブリットワインだとマジで思っていた(;^ω^)

スロヴェニアの生産者さんマンスースのレプラ、ヴィンテージは2014と2015。セパージュは初めて耳にするリボッラジャッラ。

全く上達しないワインビギナーであるが、近頃ロゼとオレンジに興味津々。お値段もブルゴーニュやボルドーのようにお高くなく、1ボトル1500円前後で飲み頃のアイテムが味わえるのもいい。

お招きしたゲストに飲んで頂きたい一本\(^o^)/

酒器

親友に誘われ、今年お初のビアガーデン!

今年も市内数カ所でビアガーデンが開催される。以前は態々名駅界隈まで足を延ばしていたが、一仕事終えたあとオープンエアでビールを頂くのは気持ちいい!

お伺いしたビアガーデンではお料理もお飲物も豊富で平日にも関わらず大勢の来客で賑わっていた。

ただ、ちょっと残念だったのが、ビールもワインもハイボールも焼酎も全部この酒器で頂く(;^ω^)

美味しいスパークリングワインを頂くもお味はハイボール( ;∀;)

120分、食べ放題・飲み放題であってもこの年になると沢山食べられないし、沢山飲めないので食器や酒器でも楽しませて欲しかった(;^ω^)

 

 

ナチュラルチーズ

ワインにチーズは欠かせない。

その昔、乳製品はあまり好きではなかった。今では赤ワインを口にすると無性にナチュラルチーズが食べたくなる。特に美味しいシェーブルチーズはヤバイ(;^ω^)

ワイン教室の師匠から「チーズは胃に蓋をするダイエット食」とご教示頂いたが美味しすぎるチーズはついつい規定量を超えて食べ過ぎる(;^ω^)

ワインは先日から中級クラスにシフトしたが、チーズに関しての知識と経験はまだまだ。

先日、自宅前の移動図書館で写真満載で判りやすい事典を借りた。

残念ながらココ四日市ではナチュラルチーズが豊富に揃うお店が少ないのは否めない。

賞味期限があるし、保管方法も簡単ではないので事業にするにはハードルが高いのだろうか・・?もう少し勉強してみよう(;^ω^)