盆栽教室

アート、ワイン、盆栽には同じ空気を感じる。きっと感性を刺激する点が共通しているのだろう。

今朝は月一回の盆栽勉強会。

どの芽を切って良いか、どの枝を下げると美しいかなどを師匠に手ほどき頂いた。

春の交換会で入手した桜の直幹🌸芽つきも多くあり来春が待ち遠しい。ただ、今の時期に植え替えを進められた。どうやら薔薇科はお彼岸ごろが最適だとか🙂

盆栽は樹種も多く生き物なので奥が深くネット情報だけでは全く上達しない。正しい情報を実践で色々試しながら1日1鉢愛でながら盆栽道を少しつづ歩み続けたい☘️

ホームセンターにBONNSAI・・

ご近所のホームセンターで黒松の盆栽を発見(^◇^;)

水やりが欠かせない枯れるリスクの高い盆栽を量販店さんが扱うとはBONNSAIブームが来てるかも。

文化の裾野を広げる上で量販店さんの存在は欠かすことはできないが、ブームが去るとケツを拭かずに逸早く撤退し、文化をグチャグチャに荒らすところがあるので立つ鳥跡を濁さずをお願いしたい(^人^)

文化継承

早朝の盆栽教室、超白熱(^◇^;)

この文化を次世代に残すためには事業化するしかない。

「金儲け」と「世間体」でやる社長業は死んだも同然。

次世代に受け入れらるフォーマットで「受け継ぐ事と引き継ぐ事」の大切さを何とか伝えななければこの国は終わる。

交換会

先日、所属する盆栽クラブで交換会が開催された。

諸先輩方が長年手をかけ愛でてきた盆栽を今回も数鉢預かる事になった。

大ぶりな桜の単幹が1番のお気に入り、今年は花が終わっているが来年の開花に向け一手間かけたい。

交換会に参加される方は仕事も子育ても終え、終活を考えていらっしゃる人生の大先輩。この素晴らしい日本の伝統的なアートを何とか次世代の若い人たちに知ってほしい、関わってほしいと願いながら会に参加している。

日本の良き伝統文化がまた一つ衰退していく危機感を感じ、事業化構想しているがかなりハードル高しである・・(~_~;)

針金掛け

盆栽クラブの先生に銅線による針金掛けを学んだ。

素人が限られた時間でBONSAIの基本を取得するには最も効率的だとか。

それにしても、指先の力と根気がかなり必要・・おまけに数種類の太さの銅線を購入するコストもかかる(^_^;)

価値あるBONSAIを預かるスキルの一つに、「手間」を知る必要がある。300年、400年前のTreeオーラ半端なく神々しい。

盆栽屋開業の道、程遠し(−_−;)ちーん

当月も心機一転、創造力を深め広め経営者として吠えたいと思います!

引き続き何卒よろしくお願い致します 拝