銅線掛け

盆栽教室の先生から枝ふりの調整を教示頂いた。

いや~簡単そうでとても難しく、力と根気を相当要す(;^ω^)

先生曰く、銅線が自由自在にかけられるようになると木の性質、剪定の勘所がマスターできるといわれた。

お手入れ道具も一式揃えたので今秋、短期個人レッスンを受け初心者から中級者を目指したい\(^o^)/

 

朝練

今日は早朝から盆栽の師匠から指導を受けた。

預かりモノの五葉松の新芽切り。二芽を残して手際よく刈り込む師匠の腕は流石。

ハサミ使いが全くサマになっていないが、小生もチャレンジした。

盆栽に興味を持ったのはその圧倒的な世界観。

手を入れると花木に愛情が沸き、仕立て技術の奥深さを知ることができると師匠から学んだ。

朝夕の水やりは自身の日課となったが、果たして冬の展示会に出品できるように仕立てることはできるのだろうか・・(◎_◎;)

 

盆栽教室

今日は月一回の盆栽クラブの勉強会。

先輩に色々ご教示頂きながら色々な専門用語を学ぶ。新しいことにチャレンジすると新しい発見と出会いがあるのがいい。

クラブの方が近頃購入された赤松。

いや~惚れ惚れするような枝ぶりにご立派な鉢。

果たしてお幾らほどなのか妙に気になる(;^ω^)

芽吹き

BONSAI師匠から預かりもの「石づき楓」の芽吹きが美しい。

サクラの散り際もハッとするが、カエデの芽吹きもこれまた生命力を感じてドキドキする。

盆栽の魅力を益々感じられるようこれからも年を重ねたい。

 

今日は部下の結婚式に参列する。

お天気も良いのでいい式になりそうだヽ(^o^)丿

うえかえ

今日は師匠から盆栽の植え替えをご指導いただいたヽ(^o^)丿

根張りした花木を鉢から取り出し、土を払い根を刈り込む。新しい土を入れ、銅線で幹を固定する。

2年~3年周期で新芽が咲く前の三月初旬が植え替えには適しているとのこと。

一時間程でまゆみと五葉松を夫々植え替えた。秋に綺麗な花を咲かせてくれることを願うばかりだ。

盆栽ってやっぱり楽しい(;^ω^)