クルーズブーム

我が住まう四日市も大きな港町でありながら今ひとつ大きなクルーズブームに乗れていない気がする😥

コンビナートの夜景ツアーはそこそこ人気があるようだが、にっぽん丸や飛鳥IIなど大型クルーズ船が停泊しているわりにはなんだか周知が乏しいように感じる。

四日市港のシンボル的な施設、ポートビルに関しても賑わっているイメージが全くない。

開港120年の歴史ある四日市港、古い倉庫や町並みを上手く活かせていないのは行政に経営センスが無いからだろう。四季織り成す鈴鹿山々と海上交通に優れた伊勢湾。このかけがえのない2つの自然資源をベースに街のグランドデザインを描いて欲しい。

夜の庭木に水やりする際の必須アイテム

暑い夏場は庭木への散水を朝晩2回を日課にしている。

朝は目覚めて直ぐに庭へ飛び出し散水する。出勤前の時間を利用してやるべき仕事のシミュレーションを行うと質がとてもあがることを実感する。

日が落ちた夜は、帰宅後すぐにホースを手に取りたっぷり水を与える。但し、半袖短パンで庭先に出ると一瞬で蚊の餌食になる💦

そこで手足に虫除けバンドを付けることが欠かせない!

開封後13時間効能があるようだが使用後に毎回ジップロックに収納しているのでかなり長期間使える😓

夜の散水は酎ハイ片手に1日を振り返りながら瞑想のひと時。近頃、睡眠の質も向上していることを実感する☘️

海と山

我が住まう街から海へも山へも30分程で行ける。

豊かな自然に恵まれた立地であることのありがたさに気付いたのは最近かもしれない。「都会に住みたい」という憧れも正直全くない😅

日の出に海で過ごし、日没に山から帰ると地球を満喫した気分に浸れる。

人生に海と山は欠かせない。

寒冷紗(かんれいしゃ)

庭木の下草「富貴草」に西日がもろあたる。

葉色が緑ではなく黄色に焼けているのを毎朝見ると何だか心痛い。

そこで植物を炎天下から守るために寒冷紗を設置した😉

使い方が今ひとつ判らなかったがネット画像と情報を参考にしながらやってみた。遮光率が50%ほどあって暑い夏には効果が高いようだが、蒸れによる根腐れには注意が必要とのこと。

上手くいけば苔の日焼け予防にも使いたい。休日の朝はもっぱら庭いじりがマイブーム。しかし、梅雨明けしたので猛暑による熱中症には十分注意しながら楽しみたい。

雨に濡れた苔の緑は実に綺麗だと思う。

自庭は勿論、預かりモノの盆栽にも苔をはっている。

歩道の片隅に苔を発見。

雑草が美観を損ねているが無機質な歩道に緑が映える。

歩道の苔って持ち帰っても叱られないのだろうか・・💦

スコップを取りに帰りたい😅