全ての基本は健康な心と体

母の死、仕事上の重大な選択・・
人は色々なストレスや悩みを大なり小なり持っていますが、2010年の5月は本当に色々なプレッシャーが私を襲いました。
正直、心も体も健康には自信があった方なのですが久しぶりに体の色々な箇所に異変を感じました。
風邪や腹痛、頭痛の類ならいつも放置しておくのですが、流石にちょっと違う感じがあった為、体の検査を徹底的に実施する事にしました。
仕事は勿論、何事もベストな決断をするには心も体も健康にかぎります。
小心者で心配性の私は大の病院嫌いですので、とても気分は冴えませんでしたが予防と早期発見の重要性を感じ色々な検査を受けました。基本的な検査以外を受けるのは何十年ぶりかです。
先ずは胃内視鏡検査。
今は鼻から小さい胃カメラを通して頂くものがありますが、カメラの倍率を優先するとやはり口から通すほうが良いと説明を受けました。知人から聞いた情報やネット情報などで最終的に病院選びをしました。母を胃癌で亡くしているだけに相当ビビリながらの検診でした。検査自体よりもあくまでも検査結果が気になるから・・前日から食事制限を行いながら検査を受けたのですが予想通り”オエオエ状態”でした(食事中の方には大変失礼します)検査自体は15分ほどでしょうか・・検査結果が直ぐに判る点は大変ありがたいです。ピロリ菌も無く結果は良好でした。
翌週に同病院で大腸内視鏡検査。
こちらはご存知のように肛門からカメラを入れて大腸の状態を確認するものです。事前情報によるとこれも医師によって上手い下手や個人差があるようで、痛いとホントに痛いらしいとの事。前日から食事制限をして当日は朝の5時に起きて下剤を2リットル呑んでから挑みました。この検査も胃内視鏡同様に検査自体よりも結果がかなり心配です。若干の痛みはあったものの苦痛で顔をゆがめるほどでは無かったです。細長のポリーブが一個あり病理検査の結果待ちです。
総合病院で血液検査、便検査、尿検査、全身のエコーなどの一般検査を受けました。
検査の結果待ちです。
そして先日は癌の総合検診PET検査を受けました。
家庭用テレビが流行っておりますが、三次元で自分の体に腫瘍が無いかをチェックする検査です。ブドウ糖を体に入れて着色によって有無を確認します。かなり小さい腫瘍は見つからないとの事ですが、信憑性はかなり高いと聞きました。同県では四日市と松阪に比較的受診しやすい病院があります。待合室、看護士の方の対応共に素晴らしいです。これが病院?と思うほどです。ただ、保険はききませんのでかなり高額です。私は歯のインプラント用に貯めていたヘソクリをあてました(爆)検査自体は20分程度ですが、安静時間などを入れると2時間にも及びます。検査後の問診では特に異常は見当たりませんでしたが後日、詳細な検査結果が送られるとの事です。CT検査では内臓脂肪や皮下脂肪などのデータもあわせて見れますので食事改良の良い切欠にもなると思いました。
PET検査の待合場にフリーで書けるノートが目に止まりました。待ち時間の間に少し読んだのですが、とてもショックと心が痛い思いがしました。PET検査を受ける方の中には実際に癌を発病し戦っている方も沢山いらっしゃる事。不安な様子を赤裸々に綴っていられる方。病気と戦う覚悟を決めた勇気ある言葉。病院の施設や対応に誹謗中傷。この検査でもっとも深く学ばせて頂いたノートでした。
その日の午前中に脳ドックを受けました。
脳のMRIは初めて受けたのですが、きつく固定される事とあの騒音、窮屈感は苦痛でした。20分程でしたので何とか我慢できましたが、後10分長いとかなりまいると思います。
長男が小さい頃に一度MRIを受診しております。正直、その時の光景を思い出す事ができませんが麻酔を使い検査したとの事です。検査を受ける前に長男の自閉症に関する告知を受けていたので恐らく気持ちが動揺していたのだと思います。今でも長男の病気が判った年の事を鮮明に思い出す事はできません。話がそれましたが、脳の病気も年齢に関係なく身近で実例を聞きますので頭が痛いとかフラフラするとか自覚症状が出る前に検査をしっかりする事が大切だと本当に思います。
ここ数週間で色々と検査をしました。全ての検査結果がでるまでは不安な気持ちもありますが、何よりも母の病死から大きく学んだ事の一つに健康である事があります。健康な心と体をつくるのも自分次第という事。
先日、医師の日野原重明様の本を読みました。その中の一文を紹介します。
鳥は飛び方を変える事はできない。
動物は、這い方、走り方を変える事はできない。
しかし、人間は生き方を変える事ができる。
繰り返す毎日の行動を変える事により、新しい習慣形成により、新しい習慣の選択を人間は決意できる。
人間には選択の自由がある。
そして、意思と努力により、新しい自己を形成する事ができる。
それは人間と動物とを根本的に区別するものといえよう。
と記されておりました。とても大切な事を教えていただきました。
私は口にする物を色々と見直し始めました。決して肉や魚を食べず、徹底した食事制限をする気はありません。食べる量と時間、食材の効能を知って食べる、そして適度な運動。こんなお手軽な事を少し守って病気の予防と早期発見をして健康でありたいと思います。
そう、病院で母が私に言い残した言葉がありました。病室では窓辺のベットだったのですが名古屋空港に向かう飛行機を見つめ「ここを退院したらケン(私の長男の名前)と成田へ行く約束したんやわ・・一緒に飛行機乗って旅行いこって・・」何気ないどこにでもある風景が病を患った母には特別に見えたのでしょう。
人は健康という物凄く尊いモノを時に忘れる愚かな生き物です。
意思と努力と感謝でこれからも長生きさせて頂ければと思います。
現在43歳。長女の孫を抱くまでは・・(笑)