朔日餅

赤福さんが毎月1日に販売される特別なお菓子「朔日餅」

どういう訳か我が家の長男はこのお菓子の発売を楽しみにしており、順番待ちをして毎月、我が家に届けてくれる(;^ω^)

10月は栗餅。

お米と栗のマッチングが甘すぎることなく大変美味しくいただいた。

季節をふんだんに感じる事ができる和菓子と日本茶のハーモニーは格別に贅沢なひと時。

運動会

この時期になると自邸前の保育園では早朝から運動会の練習が始まる。

大音量で流されるカケッコのテーマソング”ハリケンジャー”が耳に残って離れない(;^ω^)

幸い朝の目覚めが良いので全く苦痛を感じないが、夜勤勤務の方にはきっと辛いに違いない(^_-)-☆

 

長男は今年23歳、次男は成人、娘は大学受験。

ついこないだ運動会の親子競技に参加して運動場でお弁当を一緒に食べた・・そんな記憶が蘇るが、あれから10年以上の歳月が経つ。

子供達との対話する時間が本当に減っていることを痛感する今日この頃。昔、撮影した運動会のVTRを引っ張り出し、子供達と思い出話をしたいな(;^ω^)

ラコリーナ近江八幡

台風一過の青空が広がるここ四日市。

昨日に続き滋賀ネタヽ(^o^)丿

美味しいお菓子をつくる、たねやさんグループさんのフラッグシップ店にお邪魔した。

ラコリーナのメインとなる本社施設を設計監修されたのが、建築家の藤森照信氏。数年前トゥリーハウスを調べていて偶然、藤森氏の作品に出会い感銘を受けた。

クラブハリエさんの作り立てバームクーヘンや生どら焼きも大変楽しみであったが、何よりも建造物をガイド頂きながら見学できたのが最高。

自然の中に溶け込んだ建物は、いや~どれも圧巻。特に本社棟の銅版吹きや栗の木の原木使いが凄かった。建築好きには堪らない施設。

ただ、個人的に一つ気になったのが、メインショップを出た左側のフードガレージショップの施設。アメリカ西海岸ぽいイメージが自然との共生に全くマッチしていない(;^ω^)恐らく社長様の趣味が具現化されているのだろうが、これはちょっと痛いと感じた(辛口でスイマセン(;^ω^)

平日の夕方にも関わらずかなりの混雑ぶりだったので週末ともなると大変な渋滞となるのだろう。

三重県側からも421号線の石榑峠トンネル開通のお陰で、滋賀県にはとてもアクセスが良くなったので近々再訪したい。

 

 

近江八幡へ

先日はお隣の滋賀県近江八幡へ。

メイドインジャパンプロジェクトで大変お世話になっている滋賀のメンバーのご厚意で滋賀ツアーを開催頂いた。

午前中は近江八幡の古い屋敷や蔵で開催されているインターナショナルアートフェスティバル「BIWAKO BIENNALE」を見学。総合ディレクターの中田洋子さんの案内で様々なジャンルのアーティスト作品を鑑賞した。

「アート」という文化にフォーカスして街と人に活気をあたえる試みにとても共感し、学び多い体験となった。

次月11日迄開催しておりますのでご興味ある方は是非。

 

 

 

 

しろのかばん

ミステリーランチのバックパックを使用し始め二年。とても使い心地が良くお気に入りのひとつ。

汚れを覚悟の上、春夏使用限定で白のものをチョイス。予想以上に汚れは目立つ。だから収納前に必ず洗浄する。

洗浄してみて実感するがバックパックは想像以上に汚れが酷い。

他に所持しているものは圧倒的に黒ベースのものが多いので汚れが目につかず洗浄など何シーズンも行っていないものがある・・(◎_◎;)

 

台風25号が西日本に接近中、くれぐれも皆様お気をつけください。