友と今生の最後のお別れをしに松阪へ。

名古屋での用事を済ませ電車に飛び乗ったが、通夜式の時間には間にあわなかった。

 

思い返せば最後に飲んだのは鰻屋さんだった。お互い日本酒を飲みながら仕事の話や映画の話で盛り上がった。

 

今日は土用の丑の日。

 

駅前の鰻屋さんを目にしたとき、感情を抑えることができなかった。

 

お礼のmessageを送信しても、既読にならないことは判っている。

 

明日も日は昇り、蝉が泣く、夏の朝がやってくる。

 

一日一日を丁寧に生きていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知り合いに遭遇

昨日、ボサボサにのびた髪の毛を切りにお客様の美容院に伺った。

 

余談になるが、白髪を染めるお店、カットするお店、整髪用品買うお店を自分は一日で三軒はしごする(;^ω^)

弊社の洋服屋やアウトドアショップでは感度が高い多くの美容師さんにお世話になっているので決して不義理があってはならないと思うからだ。

 

市内の美容院さんで偶然、飲食店を経営する社長とあった。

 

鏡ごしに業界の話やお仕事の話(笑)

 

 

当たり前のことだが、鮮度が高くて確かな情報は社交場で得られることが大半。

ネット情報で大局を知るのが2割、友人知人、信頼関係を築いた取引先から知る情報が8割。

これぐらいのバランスで物事の判断をするようにしている。

 

 

 

 

同級生

四日市のフリーペーパー”YOU”にどこかで見た人物が掲載されている(;^ω^)

 

 

思い出した!小学生の頃、生徒会長をしていたM君だ!

 

何でも、防災一座という市民団体を立ち上げ災害支援をされているだとか・・流石、元生徒会長!

 

こうして同級生の近況が知れるのはとても嬉しい。

随分会っていない小学校の同窓会そろそろやってみたいな~(;^ω^)

 

 

 

友との別れ

インターネット革命やSNSの発達により、今の世の中、何処にいても連絡が取ることができる。

怖い面もあるが、上手に使えばこれほど便利なものはない。

 

 

 

一昨夜、高校時代の友が永眠した。49歳という若さで病に負けた。

バドミントクラブを通じて親交があったのだが、ここ数年間は年賀状を取り交わすこともなくなっていた。

 

地元の同級生からラインを通じて訃報を知った。

すぐに、恩師や思い辺る友人に拡散したのだがどうしても取れない連絡先があった。

 

フェイスブック、実家の連絡先、ラインアプリ、高校時代の名簿・・色々な情報源を検索しても連絡が取れない。

 

葬儀は今日の午前。今生で会えるのは今日しかない。

永眠した彼と会えない後悔を一人でも多くの旧友にはして欲しくない。

そんな思いも空しく時は流れる。

 

仕事が忙しいからとか・・家庭を持ったからとか・・年をとったからとか・・何らかの理由づけをして人様との縁を放置してしまっていることはないだろうか・・

 

また、ネットを通じて、いざとなれば簡単に連絡が取れると思っていないだろうか・・

 

 

永眠した彼はスノーボードと車が好きだった。とても物静かで優しいヤツだった。ありがとう重ちゃん!

 

合掌

 

 

 

 

 

 

 

親友とのお酒

幼なじみとの酒はこの上なく楽しい。

 

大半はくだらない話を肴に大衆酒場で飲み食いするのだが、この年になるとアルコールが体に入ると一気に眠くなる。

先日も3件目のレストランでイビキをかいて寝てしまう始末・・老いたな~としみじみ思う瞬間(;^ω^)

 

 

しかし、グダグダなくだらない話の中にも、一瞬キラリと光る仕事や人生で徳となる話題もある。

そんな友との時間は明日への活力に直結する。

 

経営者をやっていると時々人間不信に陥ることがあるが、やはり人は人に育てられ逞しくなり、時に癒され、短い人生を豊かにしてくれるのものだ。