満開

鹿化川の千本桜並木が満開をむかえた。

お天気にも恵まれ最高の見ごろ。小高い丘の上からの眺めは風情ある。

ウグイスやキジの鳴き声が聞こえ、伊勢湾、岐阜の山、名古屋のセントラルタワーまで一望できる。

この地、個人的に四日市の名勝の一つ(^_-)-☆

当月も当店をご贔屓頂きますようどうぞ宜しくお願いいたします。

ミツバチ

通勤途中にある菜の花畑が見ごろをむかえている。

しばし、立ち止まり春のそよ風と香りを楽しんでいると、どこからともなく音がする・・

菜の花畑に近寄ってみると大量のミツバチが花香におびき寄せられ集まってきている様子。

春という季節がしみじみ好きになってきた。自然の恵みに感謝ヽ(^o^)丿

サクラとミモザ

玄関先の桜が一足先に開花し、愛らしいミモザの丸い花も見ごろをむかえている。

サクラの薄ピンク色と鮮やかなイエローの配色も春らしくていい。

ミモザという花のことをあまり知らなかったがGoogleさまによると毎年3月8日は国際女性DAYでもあり、イタリアではミモザの日に男性から女性にミモザを贈る習慣があるのだとか。花を女性に贈る習慣って個人的にはもっと日本に定着して欲しい文化の一つ。

家人曰く、ミモザは花粉症の方にNGだとか・・見ごろを終えたら我が家も撤収されるのかな(;^ω^)

土筆

今年も近所の土手に土筆が元気に咲いている。

水仙、梅、桜・・春花は彩豊富で心を和ませてくれる。

土筆、派手さは無いがずんぐり頭が素朴で愛嬌あって好きだ。子供が小さい頃は土筆狩りに出かけ、卵とじにした土筆を連日のように食べたことを思い出す。

親子で一緒に土筆狩りを行う光景・・明日から天気は下り坂、出勤前の日曜の朝。静かでのんびりが心地よい。

 

梅と桜が人気過ぎるからだろうか・・桃花の美しさを知る機会が今までなかった。

家人が玄関先に桃を活けた。

梅、桃、桜の違いなんて、つい先日まで知りも知なかったが、じっくり観察すると違いがよく判る。

花びらの形、花つき、花色などが全く違う。

花のある生活は、植物への恩恵、四季への感謝、美意識の高まりがある。

春花に触れ心を豊かにしたい。