二冊のアパレル関連の書籍を読んで・・

「サンモトヤマ」がおよそ10億円の負債で自己破産。インフルエンサー「梨花」がプロデュースした代官山本店が9月末で閉店。百貨店ブランドを複数展開するオンワードが600店撤退することを発表。ファッションECにおける時代の寵児であったZOZOもヤフーに身売り・・このところのアパレル業界は猛烈なシケに晒されている。

弊社はこのファッション業界で26年ご飯を食べてきた。時代時代で的確な判断を会社幹部で行ってきたからこそ今があるのは確か。しかし、この先10年は更なる変革に挑まなければ淘汰されてしまうだろう。

ヒントを求め二冊の業界書を読んだ「アパレルサバイバル」と「2030年アパレルの未来」

両書共にアパレル業界の歴史や問題に付いて理路整然と記されており流通革命やAIによる更なるパーソナライズ化、グローバルビジネスなどに付いての必要性も詳しく解説されており大変参考となった。

そして何よりも本書に共感し、弊社が最も強化したいと考える「プロスタッフの育成」と「実店舗にて体験やイベントの開催」の重要性。

仮想店舗と実店舗。共にお客様にとって必要な場所であることに違いない。今期も実店舗に対し大掛かりな投資を行う。何故、この時代に仮想店舗に注力しないのかを問われることもある。

弊社は地域に根座した会社に誇りを持ち、次世代のために事業を継続し、お客様に笑顔を届け自分も笑顔になることを心から目指したい。

台風19号による被災地の映像を見て、心が引き裂かれるような思いがした。雨風を凌ぎ心の安らぎを得る家を失った皆様には心からお見舞い申し上げます。被害がこれ以上広がらないことを祈ります。

実店舗が無くなる日

中心市街地にある地元、唯一の百貨店。平日の昼間とあってか閑散としている光景に胸が痛む。

入店率が良くないのだろう・・あちらこちらに仮設の休憩場所が目につく。

人で賑わいを見せているのが生鮮品を扱う食料品と銘菓を扱うお土産売り場。アパレルを始め趣向品を扱うフロアはお客様より販売スタッフの方が明かに多い。

スマフォを使った買い物がどこまで進むのだろう・・実店舗の存在意義は何なのだろう・・実店舗と仮想店舗のバランスは何体何が適正なのだろう・・小売に立地の優位性は無いのだろうか・・

実店舗が地域から無くならないよう、体験やコトをリンクする事業案をまとめることが急務である。

台風19号が今夜から明日にかけてここ東海地方に接近する予報です。くれぐれも皆様お気をつけください。弊社のグループ店舗も従業員とお客様の安全を考慮し10月12日は臨時休業とさせて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。

大学病院

昨日、三重大学病院の歯科口腔外科をセカンドオピニオンの為に訪れた。県内に住みながらも初めての受診😅

インプラント体を外すのか?下唇の痺れは治るのか?医師の適格な所見を求め朝一で伺ったが予想どおり期待した以上の回答を得ることはできなかった😥

それにしても医師が若い💦大変失礼な物言いになるが経験をつまれたと思われる医師の姿の少なさにちょっと驚きと違和感を感じた。

病院選びは勿論のこと、医師の言葉やオーラから信頼おけるかどうかを見極める力が益々重要だと痛感する。

これからの時代、経営者も仮説を立てる能力、臨機応変に状況判断できる能力、決断できる能力が特に求められることになるだろう。

街のたばこ屋さん

とある駅前のお店

愛煙家でないのでたばこ屋さんに立ち寄ることは無いが、この昭和レトロな光景が大好物。

たばこ以外にも店頭では週刊誌と新聞も取扱う。こちらのお店の収益は恐らく駐輪上であることは一目で理解できるが、「店主の拘り」で採算度返しで商いをやっているのではないかとも感じる。

事業は公のためにやることが一番重要であることを歳を重ねても忘れないでいたい

SUN MOTOYAMA

「サンモトヤマ自己破産」昨夜この記事を目にした時。とても衝撃を受け落胆し、同時に恐怖が襲ってきた😰

グッチ、ロエベ、エルメス、フェラガモなど海外の高級ブランドを日本にいち早く紹介した1955年創業の日本を代表するアパレル店。

出張で銀座を訪れた際、時間があれば並木通りの本店に立寄りショーウィンドーのディスプレイや取り扱い商品を眺め勉強させて頂いた。

およそ10億円の巨額な負債をつくるほど経営が狂ってしまった理由はどこにあるのだろう・・創業者の茂登山長市郎氏が他界し経営の方向性が変わったからだろうか・・不良在庫が倉庫に山済みになったのだろうか・・にしてもショック大💧

アパレル業界を主戦場とする弊社も明日は我が身。経営資源である従業員、在庫、資金、情報、時間を常にモニタリングし異常値が無いかをチェックするのは社長の大仕事。

これからも益々ビビりながら指揮を執ることを片時も忘れないようにしたい