NEW DEFENDER

見た目、チョロキューのようなショートボディのランドローバー車。

ディフェンダーの開発テスト車両のスパイショットがいよいよネットに上がってきた\(^o^)/

いや~この時点で何とも言えないがメルセデスのGのモデルチェンジと比べるとちょっと男前過ぎないだろうか(^_-)-☆

リリースはLRワールドプレミアのLR2018年の後半と予想されている・・それまでは自転車とオートバイで凌ぐか(;^ω^)

SUV

世界五大モーターショーの一つ「北米国際自動車ショー」通称デトロイトモーターショーが1月14日から開催される。個人的に最大の関心時はメルセデスのGモデル(ゲレンデヴァーゲン)の次期モデルが発表されること。色々なスパイショットがネット上に溢れているので何となく想像できるが、39年ぶりのフルモデルチェンジにとてもワクワクする。

先日、お知り合いのGと愛車クラシックのツーショットをパチリ\(^o^)/

丸目のヘッドライトにスクウェアなフォルムはとても似ているが車高やガラス、タイヤサイズなど細部の違いを改めて感じた。やはりGのライバルはDEFENDERなのだと個人的に思う。

ご友人のGは一世代前のモデルでフロント回りがすっきりしていて一番かっこいいと思う。次期モデルはサイズが大きくなるので恐らくG好きの方は現行モデルなり前期モデルを好むのではないだろうか。

両車共に雪山や海で遊ぶのにはもってこいなSUVだけにこれから何年経っても色あせることは無いであろう。

エアバック無くて、雨漏りもするし、クラッチも重かったけどやっぱりTd5が恋しいな😢

 

 

あきらめきれない・・

お店の駐車場にとてもお手入れされたコニストングリーンのTD5が鎮座していた。

いや~やっぱりこのカタチ、ルーフとボディを色別けしたこのカラーリング・・やっぱりいい。

もうエアバックのついていない車には乗らないことを誓ったが、旧インテリアのTD5の佇まいは本当に最高だ。

クラシックレンジにもない、ラクルにもない、ゲレンデにもないオーラがある。

車選びは安全性が一番だと事故後考えるようになったが、後付けのエアバック装置や衝突安全防止装置などは世の中に存在しないのだろうか・・

サンタクロースに一番お願いしたいのはやっぱりDEFENDERかも(;^ω^)

 

 

山の紅葉

名勝地の紅葉は見事であるが、人混みが嫌いな自分にとって外人さんばかりの京都で渋滞に巻き込まれるのはごめんだ。仕事がサービス業の類なので週末の大渋滞にはまることはないが、ハイシーズンはウィークデイであっても混雑が予想される。

そこで、ちょいマニアックな場所にある紅葉を見に滋賀へ。

いや~ネット情報ではなく、現地の人から得られる情報は間違いない。

山寺を幾つか回ったが本当に静かで美しく、心が洗われる。

永源寺と百済寺は紅葉の名所なので観光バスもチラホラ目にしたが、その間にある東光寺などは人気が全くなく最高の紅葉スポットだ。

薄霧がかかり紅葉の絨毯に止まる我が愛車クラシックを眺めながらパチリと一枚\(^o^)/

いや~滋賀の晩秋最高!

 

 

 

 

BOND CAR

先日、アストンマーティン正規ディーラー名古屋へ伺った。

ディフェンダーが廃車になったのでアストンに乗り換え\(^o^)/・・と言いたいところではあるが、残念ながらそれは夢のまた夢・・ホントは日頃お世話になっている師匠のお付き合いで同席(;^ω^)

ボディシルエット、エンジンサウンド、上質な空間のインテリア・・諭吉2000枚を超えるスーパーカーはやっぱり凄い!と妙に納得。

それよりなによりショールームの商談席に鎮座するKNOLLのバルセロナチェアの質感に魅了されてしまった(;^_^A