物欲

50を過ぎたのでそろそろ断捨離を始めたいと思うのだが、世の中には色々と物欲を刺激するモノがまだまだある(;^ω^)

防災産業展で一目惚れした車両がこちら!

スノーモービルではかなりメジャーなポラリス社製のオフロードビーグル【HP】何と米軍特殊部隊にも採用されているとか(;^ω^)

砂や泥地ではオフロードタイヤ、雪上を走行するためにキャタピラに交換することも可能という。

新車で300諭吉からなので、女王様の説得を得られれば決して買えなくもない価格帯・・ただ、公道を走るとなると特殊車両扱いで免許のアップグレードとナンバー取得に数百万かかる( ;∀;)

現実的には山をお持ちの方か、広大な牧草地をお持ちの方におススメかも・・モデラートのオフィシャルカーとしてスタッフを説得しようか思案中(;^ω^)

 

BRANDING

東京ミッドタウン日比谷の一等地にある「LEXUS MEETS」

あの自動車メーカーのトヨタ「レクサス」がカフェや物販を本気でやっている。

車は二台のみの展示でカフェと物販スペースがかなり広い。訪れているお客様はレクサス好きな方という訳でもないのにどんなシナジーがあるというのだろうか・・凡人経営者にはこのコンセプトが全くもって理解できない(;^ω^)

物販スペースでは日本の伝統工芸品が数多く並んでいた・・ということは訪日される欧米人向けのプロモーションなのだろうか・・?

 

 

自動車税

自動車の納税通知書が一斉に届いた。

1991年のクラシックレンジの納税額は何と87900円(;^ω^)

1977年の愛馬R90Sは6000円。クラシックレンジはクリーン化税制でおよそ15%重課されるのにバイクはされないのは何で?やはりお国のルールは良くわからない。

高額な税金や燃費のことを考えるとそろそろ手放すべきかと真剣に考える。だからといってその気にさせてくれる愛しい車両が見当たらない。国産大手メーカーのPHVに乗るのが一番ベストなのかもしれないが、いっそのことマイカーを手放しバイクと自転車の生活もいいかもと近頃思う。

 

Rearview mirrow

年代物のガイシャはルームミラーが時々ポロリと落ちる(;^ω^)

フロントガラスにボンドで接着されているので寒暖の差が大きくなるとこういう現象がしばしばおきる。

そもそも何故接着剤を使うのだろうか・・頭をぶつけたとき安全性?

いや~今の時代は便利。グーグル様に聞くと対処方法と専用の接着剤があることが判った。

ポイント3つ、古い接着剤を完全に除去すること。ルームミラー本体を台座から外すこと。PERMATEX社の専用のボンドを使う事。

今度の休日やってみよう!

 

これはいいね!タイヤの保管袋

タイヤ交換をDIYで行うと必ず服を汚す(;^ω^)

シーズン中使い倒したタイヤはブレーキダストがこびりついてかなり汚れている。

毎年、水洗いしてからタイヤ屋さんで頂いたビニール袋に収納していたのだが、袋も所々破れてそろそろ限界。

ご近所のカーアクセサリー量販店さんに伺っても単体で収納できる良さげな専用ケースがない。ましてや4駆ようなデカイタイヤを入れるようなビニール袋はホームセンターでも見当たらない。

こういう時、通販サイトは大変便利。一枚1000円程で専用袋が世の中には存在した・・タイヤサイズを確かめてポチリ(;^ω^)

とても頑丈な生地で作られていて、両サイドにこれまた頑丈なハンドルが付いている。重量のあるタイヤを持ち運びするにも使い勝手がとても良さそう。

タイヤの衣替えをお考えの方に超おすすめの一品ヽ(^o^)丿