京セラ美術館

面と向かって話したこともないのに「尊敬する経営者」と言い切るには今の時代、ちょいと危ないかもしれないが、稲盛氏の本や講演からの言葉に学ぶべきことが多いのは確か。

現在、京セラ本社1階にて創立60周年記念展としてピカソの銅版画が展示されている。

ピカソに特別な思いはなくニュートラルに銅版画347枚を鑑賞した。当時、版画技術が革新的であったことは手引きを読んで理解できたが、絵心無いからだろうか「なんだか線が粗く裸の構図が多いな・・」という感じで特段心踊らされるものが残念ながら無かった😓

稲盛氏はピカソの版画にどんなエモーションを得たのか是非聞いてみたい!

経営の格言よりも近頃そっちに興味関心がある💧

当月も拙いblogをお読みいただき誠にありがとうございました。

次月もどうぞご贔屓のほど宜しくお願い致します 拝

安保尚雅

KYOTOアンティークフェア

古美術好きな方からのおすすめで京都のアンティークフェアへ😃

74回目を迎える人気イベント。京セラ本社横のパルスプラザには朝から大行列の人気ぶり😅

アジアからの訪日客が圧倒的に多く、次いで国内の諸兄諸姉方。日本人の若者は殆ど見かけないのが寂しい😥

日本の古美術が海外に出て行くのが何だか辛くてたまらないので事業化して国内に留めたいとついつい願ってしまう。

古唐津焼きの贋作を買わないよう注意しながらも鍋島や柿右衛門の魅力に後ろ髪を引かれる思いがして仕事にならない😓

市内にあるレストラン「呼月」さん。会食で時々利用させて頂く。

ご料理、器、空間、しつらえのバランスがとても良く調和している。

水盤には季節を感じる蓮の葉が実に美しい。

お気に入りのお店の一軒。もう少し市内にも個性豊かなレストランが増えて欲しいと願う今日この頃🍀

育てる

昔は全く興味関心無かったが、青空の下、畑で野菜や果物を育てたくなる。

若い従業員を育てる楽しみと同じだからかもしれない。

勉強になる雑誌

家庭画報と婦人画報、この二冊から学ぶ点が多い。おそらくこの両紙のメインターゲットはミセスマダム層と想像する。

しかし、本誌は狙ってかたまたまかわからないが、我々おっさん世代も少しばかり意識している感がある。おそらく、奥様が買った本誌が食卓におかれていて旦那さんがパラパラと流し読みすることを想定しているのだろう。

車やメンズファッションのテーマは皆無だが、旅、食、インテリア、建築、アートなどにおいてはとても質の高い情報が得られる。

また、最も勉強になるのが「女性が欲しいと思われるモノと情報」に溢れていること。

レディース商品を扱う弊社にとっては必読本。ヘアカットしてもらっているあいだ吸収吸収😁