石水博物館に行ってみた

津市内で用事を済ませた後、時間をつくって垂水にある石水博物館を訪れた。

川喜多半泥子氏ゆかりの地、千歳山はとても緑豊かで素晴らしい会館であった。
焼き物や書画に関しての審美眼を持ち合わせいないので半泥子氏の才能がどれほど優れていたかを凡人の私には理解することはできないが、芸術家としての顔以外に実業家(百五銀行の頭取)や政治家としての才覚もあったとはおそれいる。
丁度、石水博物館40周年記念行事として数多くの作品が展示されており、多くの来場客で博物館は賑わいを見せていた。
時間の都合で廣永窯に訪れることはできなかったが、半泥子氏のお弟子さんのお弟子さんが創作される焼き物も機会があれば是非手にとってみたいと思う。
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください