平常に感謝する日

東日本大震災でお亡くなりになられた方、被害にあわれた皆様に深く哀悼の意とお見舞い申し上げます。

 

我が住む街、四日市も南海トラフ地震では甚大な被害が出ると予想されている。ある新聞社のサイトでは県内で4万人以上の死者がでると試算している。

 

日頃から防災準備をしっかりやっているかと問われれば、全く完全ではない。

キャンプで使うガス缶とテント、簡易トイレぐらいしかストックしていない。東日本震災後にすぐに買った5年保存の飲み水も期限が切れている。

 

 

慣れとは実に恐ろしい。

 

 

家族とあえること、働けること、食事がとれること、風呂にはいれること、ベッドで寝れること、洗濯したものを着れること・・・

 

生きていることに心から感謝すると共に6年前のあの日の気持ちを忘れることなく明日も生きていきたい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す