seahorse

先日、鳥羽市内で会食があった。レストラン名はseahorse。

店前に置かれた水槽でシーホースが優雅に泳いでいる。よく観察すると何ともチャーミングで愛らしくホッコリな気分。

seahorse、英訳だと「海の馬」はピッタリくるが、日本語の「竜の落とし子」のネーミングはどこから来たのだろう。

自宅で飼育できないかを少し調べてみたら熱帯魚屋さんで入手できるとのこと。

ただ、海水なのでハードル高し。カブトムシを飼うような調子にはいかないな(;^ω^)

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください