恩師

私には人生に大きな影響を与えてくれた3人の恩師がいる。
そのうちの一人が高校時代にバドミントンクラブでご指導頂いたs先生。
半年ぶりに同級生を交えながら食事を共にさせて頂いた。
歯に衣着せぬモノの言い方は相変わらずで、御年67歳とは思えない相変わらず引き締まった体型も流石だ。
20年前に結婚祝いで頂いた色紙は私の宝物。

「狐掌鳴難」こしょうならしがたし・・・片方の手のひらだけでは、手を打ち鳴らせない。人は一人だけでは何もできない例え。
国語の先生らしく、書道の道も極められていた先生。当時、色々な四字熟語で徳をといて頂いた記憶があるが、50歳を前にしてようやくこの手の言葉の意味が腹に落ちるようになった。
近頃「智恩報徳」という言葉もお気に入り。早速、恩師にお願いしてみよう。
 

2 Comments

  1. 2015年3月1日

    いつも東京から代表様のブログを楽しみに拝読させていただいております。
    当方現在東京在住・勤務ですが、三重北出身で名古屋勤務時はサカエチカの松月さんにしばしば足を運んでおりました者で、何度かコメントさせていただきました。
    そして今回。私も高校時代バドミントン部でした。高校は違うかもしれませんが益々若い頃の四日市の思い出に浸らせていただきました。ありがとうございます。ぜひ今後も四日市ネタ発信をご期待申しあげております。

    返信
  2. F様2015年3月3日

    拙いブログを楽しみにして頂き本当にうれしいです。これからも四日市ネタは欠かさず続けてまいります。帰省された際には是非弊社店舗にお立ち寄り頂き一声頂ければ幸いです。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

    返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。