今春入社したスタッフ

自動車部品の製造会社から転職希望で今春入社したF.YUDAI

友達の影響で服が好きになり、影響を受けた友達が我が社のスタッフであったため転職を決意して現在に至る。

先日、現場に入りFに「仕事はどう?」と尋ねると「楽しい」という答えが帰ってきた。

好きな洋服、ブランドに触れ、自身が良いと感じるものをお客様に伝えることは堪らなく楽しいだろう・・さて、この気持ち(モチベーション)がいつまで続くだろう?😅

好きなものを長年好きで入られる事は簡単そうで難しい。「飽きる」とつい情熱を奪われる。飽きずにいられる為には探究心を持ち日々自分で課題を見つける必要がある。また、小さな目標ではなく大きな目標を見据えることも重要。

履歴書の自己PR欄にこんな一文を書いている「地元、三重県にお洒落な人を増やして盛り上げたい!」こういう気持ちはとても素敵だ。自分がFの年代には正直、自身を持って言える志が無かった💦

Fは現在25歳。1993年創業の会社よりも若い。自身が創業した時には産まれていない年齢の若者が働く現在、指導者としても人生の先輩としても若い世代を導くに値する人間を目指し日々精進したい。

YOUNG STAFF

今年の2月から弊社のアパレル事業部(チャクラ)で業務をこなすルーキーYUKI・S😃

地元の強豪サッカー部で鍛えられただけあってガッチリした体格は洋服映えする。

卒業後、大手製造に2年半勤務するも「洋服好き」が高じ、常連客から弊社のスタッフへ・・YUKIのように漠然と就職し、その後「働くとはなんぞや」と自問自答し「好きなこと、興味あることを仕事に」する若い世代が少しばかり増えてきたように感じる・・実に嬉しいことだ!

「好きなことを仕事にする」という働き方には賛否両論あるが「好きになるまで仕事をする」というアプローチよりも「働くこと」=「社会のためになる」=「自分が楽しい」となる。又、好きなことを嫌いになるくらい仕事をやりきると、良い意味で違ったものが見えてくる(自分の場合は経営)

YUKIは若干22歳。自分と30歳の年齢差😅

将来、弊社を背負って立つのか、はたまた自分で独立してアパレル店舗を起業するのか、それともアパレルに飽きて他事業に転職するのか・・未来は健康体であればこれからの選択でいかようにもなる。

好きな仕事、興味ある仕事をできなかった晩年の後悔を多くの先輩から耳にする。30年後勤め上げてきた職歴に後悔の無いように・・だから「好きなこと」を今は貫いて欲しい✌️

STAFF

アパレル事業部のチャクラに勤務するYOSHIKI

前職は某百貨店のアパレル店舗の責任者。昨春、ご縁あって弊社に転職してきた。

主にチャクラのwebに関する仕事全般に従事する。風貌は全くチャクラのイメージにそぐわないサーファー系(でも本気サーファー)😅知る限りの性格も見た目によらず生真面目で礼儀正しい。

今月で40代の大台に乗る。決して若く無い年齢でありながらもアパレル業界で自身の経験を活かしキャリアを積み上げたいという男前な覚悟。

小さな子供を3人授かり、父としての自覚と責任をしっかり持っている事が素晴らしい。

通勤距離は遠方ながらも朝一、会社へ来る姿も若い後輩の手本になっているだろう。

アパレル事業部では良い意味で今まで無かった人材。将来は幹部候補に名乗りをあげて欲しいと願う✌️

女性従業員に感謝する日

弊社では15名の女性に活躍頂いている。

多くの方は家事と仕事を両立させ、短時間勤務でありながらも裏方的な業務を献身的に遂行頂く。

男性従業員には厳しい物言いになるが弊社で働くおよそ43%の女性が会社の成長を大いに支えてくれている。

今日はお雛様。女性スタッフへ日頃の感謝の意を込めて甘いお菓子を買ってきた。来週はホワイトディもあるので今月は御礼しまくる月だ(;^_^A