グリーン化税制

自動車産業がどれだけ自国を豊かにしているのだろう・・

近頃、電車や自転車を利用することがもっぱら多くなった。

昭和時代の車を所有しているのがつくづく馬鹿くさいと思うのが自動車税納税通知書が届いたとき。

87.900円(−_−;)

一度所有した車を愛し、日常メンテを施し、長く使用することに重課税をかけるこの国は常軌を逸している。

タイヤ

今冬、ここ四日市はまとまった降雪は無かった。

3月半ば、流石にスタッドレスも出番も無いと判断し、昨日タイヤの衣替えを行った。

一本一本、ジャッキアップしての交換は相当な体力を要する。下手すると腰を激しく痛めるので腰痛防止サポーターを装着し慎重に行った。

タイヤの損傷が無いかを目視で確認し、ホイルを磨いて専用袋に収納。たった一時間ほどの作業なのに疲労困憊。

明らかに体力低下を感じる今日この頃(^_^;)


軽タク

先日、軽自動車のタクシーにお世話になった。

いや~恥ずかしながらこんなタクシーサービスがあるとは全く知らなかった(;^_^A

市内から自宅まで深夜料金を含めると2500円程度かかっていたが、軽タクだと何と44%OFFの1400円。

信号待ち、渋滞時の時間加算ナシ。深夜割増ナシが魅力。

市内では配車サービスがまだまだ不十分なようだがこれから益々増えるサービスに違いない。

営業権利や運転手確保など商売的にハードルの高い業界なのかもしれないが今後新規参入が増えることを期待したい。

軽トラが最も良いかも・・

クラシックレンジをいよいよ下りようと考えている。

20代、30代、40代、そして50代の今日まで共に過ごしてきたが移動手段がオートバイ中心のスタイルとなり、高額な維持経費を考えると車両状態が良く、人気の高いときに手放すことがベターという結論に至った。

候補車を色々と熟考してみた結果、実用性と経済性を備えるダイハツのハイゼットジャンボ(4WD)が最有力。

決してデート向きではないが、今のライフスタイルには最も適している。

ゴミ捨てで車内を汚す心配もなくなり、庭の剪定作業も思う存分できる。

\(^o^)/