勝沼

先日、日本ワインの聖地「勝沼」へ行ってきた\(^o^)/

ワイン教室でお世話になっている黒木先生も同行され、葡萄畑、収穫方法などワイン造りの基本を目で見て体感させて頂いた。

ワインの世界は専門用語やウンチクも若干多く、お馬鹿な小生が手っ取り早く理解を深めるには現地に行くのが一番だ。

天気にも恵まれ、葡萄畑の紅葉がとても美しく有意義な時間を過ごすことができた。益々ワインにはまりそうで怖い気がする(;^_^A

 

当月も拙いブログをお読みいただき誠にありがとうございました。今年も残り一か月となりますが引き続き弊社系列店舗をご贔屓の程宜しくお願い致します。

 

 

 

海はやっぱりいい。

海から陸を見る非日常的な景色、潮風の香り、夏とは一味違う秋の色・・

大阪で一仕事を終え、神戸に立寄り船に揺られた。

仕事の閃きはこういう時に浮かぶものだ。

もっと遊びたいな・・でも腰が痛い(;^ω^)

 

 

お勉強

近頃ワインの勉強にはまっている。

新店舗では是非オールドワインを取り扱うコーナーを設けたい!

 

ということで、只今関連本を買い込んで猛特訓中。次月からはワイン教室にも通う予定(;^_^A

 

 

皆様ご存知のようにワインってピンキリ。自分は高い赤と安い赤の違いなんて判るレベルではない。

でも美味しいのは何となく判る気がする(;^_^A

 

ある時、知人がこういうこと言った・・「ワインは値段や品種よりも飲んでる人や仲間や時間が大切!」・・その知人は謙遜するが、かなりのWine&食通!

 

よく考えると今までに色々お世話になった方にWineを沢山ご馳走になった(先週も親愛なる方にKENZO ESTATEのワインをいただいた\(~o~)/

 

しかし、葡萄の品種や産地、熟成期間も知らず、ただ「昨夜はご馳走様でした」では男として、会社の代表として如何なものかと猛省している。

 

ワインは大切な人との会話や美味しい料理を引き立ててくれるお酒ではあるが、歴史や産地、生産者の拘りを知れば尚更楽しいに違いない。

 

「ABOさんはまるとヤバイですよ」とプロのソムリエの方にご教示頂いた。

分相応の範囲でワインを知りたい\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Baumkuchen

バウムクーヘンがドイツ語でドイツ発祥とは全く知らなかった。

 

ビックサイトで開催された食品機器の見本市でバウムクーヘンをつくる装置を実際に見てきた。

 

 

来期開業予定のカフェの看板商品にしてみたいと思ったから(;^ω^)

 

いや~製造機器がこれほど高価とはビックリ仰天・・でもやってみたい\(^o^)/

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !