トラウザーパンツの改造

この年になると仕事ではスーツの着用が最も多い。特に冬は暖かさを兼ね備えたベスト付き、つまり3ピースがMy must\(^o^)/

何十年にも渡り着用してきたので自分スタイルが近頃確立してきた。ワードローブにはブリテッシュスタイルが4割、クラシコ系が6割という感じ。中でも起毛素材で無地の3ピースが8割近くを占める。

3ピースを着用する際、ベルトがベストから見えるスタイルはとても残念なので近頃、ほぼプレイシーズを着用する。確かに用足しのときは面倒ではあるが、トラウザーがずり下がることもないし、ベルトが覗く心配もないので今ではこのスタイルが十八番。

ベルトが不要ということはベルトループも必要ないので、10年程前のトラウザーのループを全て外し、その代わりにプレイシーズ釦を装着。

又、時々気分を変えるため3ピースをばらして着用することもある。奇をてらわない色や柄であればかなりスタイリングの幅が広がっていいと思う。

時々、同業の社長様から「安保さんスーツは肩こらないですか?」と問われることがあるが、今では仕事する際はスーツが最も落ち着いて着心地も良いかもしれない。ただ、仕事でアウトドア遊びをするときは別(;^ω^)山や海にはスーツは向かない。

今日は大寒。夜になると冷えるが3ピースって本当に暖かくて調子いい✌

 

 

 

ネクタイも衣替え

ネクタイはナポリの至宝”マリネッラ”一辺倒であることは本BLOGで何度も叫んでいる(;^_^A

定番カラーのソリッドが一番多く、続いて小紋にドット。

手前味噌ではあるが、自身の拘りは何といっても素材。

これからの季節はカシミヤが混紡されたものやジャガード織のモノを巻きたくなる。

 

コットンやシルク素材、プリントモノ、明るいカラーのタイは綺麗にブラッシングして来春まで収納。

この入れ替えのひと時が堪らなく楽しい。やっぱりアパレル畑の人間であることを自覚する。

 

 

ナポリのネクタイ屋さんからの誘惑

何度もこのブログで書いているがネクタイはE.MARINELLAの一択。

 

消耗品のネクタイにしてはお値段は決して安くないが、ここのを絞めると他ブランドに乗り換えることはまずできない。

そんな愛用するマリネッラからスミズーラの案内状が届いた\(~o~)/

 

 

六本木の直営店舗で3日間限り受注会が開催される。

丁度、開催日の前日に横浜へ行く要件があるので東京迄行ってしまいそう・・ついでにNAPULEで美味しいピザ食べて・・自分ご褒美の理由をついつい探してしまう(;^ω^)

 

 

 

お気に入りのアロハを収納

今夏は天気があまり夏らしくなかったが、それでも7月と8月はそこそこ暑かった(;^ω^)

殆ど毎日のようにアロハにショーツ、レインボーサンダルには世話になった。

 

パタロハも生地の色が若干抜け落ちそろそろ買い替えの時期が来てると思うのだが、肌触りがとても良過ぎて中々捨てられない(;^ω^)きっと来夏も7月になったら赤と青を交互で着ることになるだろう。

 

 

秋は食べ物も美味しいが、何よりお洒落を楽しめるのがいい。今年はセーターを着まわそうと思っている\(^o^)/

 

 

パタゴニアショーツ

夏がくると必ず履いたパタゴニアのショーツ。10年程世話になっただろうか。

 

軽くて動きやすく、速乾性が良く、ポケットが多くて機能的、

 

自転車乗りで酷使したからだろうか・・お尻の生地が透けるほど薄くなって、ついに破れてしまった。

 

 

修理することも考えたが、勉強のために最新の素材や縫製技術を使ったパタゴニア製品を履いてみよう。

 

メンズファッションは長く付き合えることがとても大切だと思う。