恩師からの手紙

敬愛する恩師から直筆の手紙をいただいた。

便箋に万年筆で丁寧に書かれた手紙。読んだ後の深いあじわい・・心に余韻が今も残っている。

早速、返信を・・と思うのだが自身の至らぬところはまずメールでお礼の返事をすること。仕事に追われている、筆不精、万年筆と上質な便箋が無いという理由で。

我ながら猛省する。

恩師に見放されるようにちゃんと生きねばならぬ。

コメントを残す