チョコレート

長女から気の利いたチョコレートを貰った

我が陣営、VWのオフィシャル?チョコ😅

食べ終えたらスチール缶は電磁波を遮断してくれるのでキーボックスとして使用できる😃

幾つになっても子供たちが父の存在を思ってくれていることがとても嬉しい。今月は自身の誕生日月でもあるので家族一緒に食事できる時間があれば良いのだが。

ユリ

義父の告別式でいただいた百合の花を持ち帰り玄関先に家人が飾ってくれた。

百合の香りが玄関全体に広がり、帰宅すると義父との生前の思い出が蘇り、まだ近くに居るような気持ちになる。日を重ねるごとに喪失感が募るが時間というものが癒してくれる。これからも家族との平常に暮らせることに感謝し絆をこれからも大切にしたいと思う。

別れ

義父が永眠した。ここ一年ほどは足腰が弱り施設での生活となったが88歳まで元気に生きた。

義父には私が創業間もない頃大変お世話になった。繋ぎ資金がショートし肩代わりしてもらったこともあった。借家の家賃を削減するため、実家にしばらく居候させてもらった時期もあった。子供達が小さい頃、送迎などのお世話を積極的にやってもらった。思い返せば義父から沢山の支援をいただき今日存在することに心から感謝したい。残された義母も決して若くはないので極力時間を取って近くで寄り添いたい。

人はいつか必ず死ぬ。父のように死んでからも子や孫から敬愛されるような生き様を見せなければならないことを改めて肝に銘じたい。健康と平常に感謝し1日1日を大切に生きよう。

ステラレナイ

50代になって不要なものは全く買わなくなった。30代、40代と散財してきて多少は物の審美眼がついたのかもしれない😓衝動買いというものはなく、値段に関係なく欲しいと思ったら必要か否か数日考える癖が染みついた。また、近頃少しづつ断捨離もしている。着なくなった洋服や履かなくなった靴など子供に譲ったり、休日に時間があると利用予定の無い不要品をヤフーオークションで捌いたりしている。お陰で部屋の中が随分スッキリとした✌️

ただ、破れたりしてもどうしても捨てられないものがある。それは記念日などに子供達から貰った品。数年前に長男から貰った伊勢木綿の手ぬぐいは破れているが今も愛用している😅

家人に縫って欲しいと願うが“捨てれば“で先送りされる😓

結局、人生は思い出づくり。自分にとって家族との時間は最大価値なので写真や映像、手紙の類は全く捨てることができない。そういえば他界した父の遺品整理をしていたとき父に宛てた手紙が引き出しの奥から見つかった時は流石に号泣した😓

残り人生の時間がどれくらいあるか楽しみだが、半世紀以上生かせてもらってお陰様で欲しいと願ったものは大凡叶えることができた。あと、あげるとすれば5本の指で足りるほど・・それもトレードオフで手に入ればラッキー✌️

物に執着すると自分の価値が物以下になると思っている。50代で自分自身が本当に心豊かになるものがはっきりと見つかってよかったことを近頃実感する✌️

家系

父が他界してから間もなく2年。生前、経営思想や生き方の違いで激しく喧嘩したことが懐かしい。親子の関係性で後悔することは殆どないが、唯一もう少し詳しく聞きたかったことがある。それは安保家の家系について。

自分の祖先がどういうところで生まれ、どのような事をしていたのかが最近とても気になり始めた。キッカケは名家名経営者の方の母方の苗字が同じことから私と先祖が繋がっているかもしれないかも?と言われたことから😆

次男として生まれた父は早くに親を亡くしていたため、生きるのに必死だったことはよく聞かされたが祖父母についての話や家計について詳しく聞かせてもらうことはなかった。

法務局から戸籍謄本などを取り寄せ、家系図を調べようと思っているが、幸いなことに父の姉が御年97歳で今も元気に隣町で過ごしていると従姉妹から聞いたので先ずは会って欲しい旨を伝えた。

子供達も家庭を持ち年を重ねれば自分のルーツをきっと知りたくなるだろう。自分の代で家系図をまとめておくのも今生の使命である。

記念日

家人が今年も健康体で誕生日を迎えることができた。年齢のことをいうと良い顔しないので触れないようにしている😅長年連れ添ってくれていることに感謝の気持ちが年々積み上がる。お互い還暦が見えてきたので人生の節目ごとの目標や夢、価値観などを話すようにしている。新しい家族、親との別れ、孫の誕生、社長の交代、定年、年金生活・・今まで大病せず健康には夫婦共々お陰様で恵まれてきたのでこれからも食生活、睡眠、運動の三つは特に気をつけたい。あと、交通事故や天災にも注意が必要だ。母親があの世へ行った年齢を考えると今から一回りしかない。10年ちょっとはアッという間に過ぎる。若い頃は仕事に熱中したばかりに子育てを一切やってこなかった。子供が社会人となりようやく家人も自分の時間が取れるようになった。自分が足手纏いとならぬよう気をつけながら人生の後半を二人三脚で健やかに平常が続くことを願いたい。

当月も拙いブログをお読みいただき誠にありがとうございました。次月は新店舗のリニューアルオープンや音楽、車、器のイベントなど開催予定しております。上質で素敵な秋冬物も多数入荷しておりますので是非ショッピングをお楽しみください。

名刺

次男に仕事内容を尋ねると名刺を貰った。

親子で名刺交換って何だか照れるが嬉しい。単身上京し早3年目、帰省するたびに逞しく社会人となっていることへの嬉しさと育ててくれている会社様に感謝の気持ちが溢れる。

ここ数年でライフプランもしっかりと定まってきており、親子で仕事の話や人生の話ができることがとても心地よく幸せを感じる。自閉症の長男とはできない会話なのである意味新鮮さもある😅

しかし、人生は思い通りにならないことが沢山あり過ぎて凹むことも多いにあるだろう。壁にぶち当たり乗り越えることが成長につながるとわかっていても蓄積されると人間疲弊する。

60歳からは自分の人生を歩ことを一番にしたいと決めている。それまでは会社を通じ地域や世のため人、次世代のためにやるべきことをやり切りたい。後4年でどこまでやるかを鮮明に描き一日一日、質の高い仕事に取り組みたい。

なんだか次男にライバル心が湧いてきた😓

昨日は長女に続き義母の生誕日㊗️鉢植えのバラと手紙を添えて祝福した✌️

御年82歳となったが元気ハツラツで青春を謳歌している😅

人生百年時代といわれるが義父母との時間もそう長くはないので記念日にはこれからも時間を取ることを優先したい☺️

誕生日

お陰様で長女が23歳になった。今年社会人となり大病せずに育ってくれて良かった😌

こうして家族でケーキを食べる機会があと何回あるだろう・・と考えると何処か寂しい気持ちになる💦世間様では父親にとっては娘が一番可愛いというが確かにそういう面もあるが、子に対する愛情の格差はない。

“子に過ぎたる宝なし“という言葉があるが、これまでの自分の人生において子を授かったことは本当に価値あることであった。世のため人のために、利他の考えは子供から学んだ。

親の勤めもほぼ終わったのであとは良き伴侶と出会って欲しいと願う・・そう言うと娘から睨まれる😅

面会

先日、家族揃って老人ホームに入居する義父の面会へ行った☺️

コロナ禍で面会が禁止されていたが、ようやくアクリル越しでありながらも実際に会えるようになった。義父の嬉しそうな笑顔が印象的だったが車椅子での生活が長期に渡る影響か足が随分と細くなった印象。義父はこの年末で確か卒寿をむかえる。働き者で元気だった義父が車椅子に乗る姿を見るとどこか寂しい気持ちになる。

健康で生きれること、家族に会えること、仕事があって食べられること、そして平和であること・・ご先祖様に感謝感謝🥹

ここ東海近畿にも台風7号が接近予報ですので皆様くれぐれもご注意ください🌀

Scroll to top