お墓参り

近頃、お墓参りに行けていない・・せめてお盆期間中は何としても時間を捻出してご先祖様に感謝しなければスッキリしない。

お盆明け16日に何とか滑り込みでお参りできた(;^ω^)

墓石の前に立ち手をあわせると心がスッキリする。こういう所作はとても大事だと近頃つくづく思う。

長男は家人とお盆入りに済ませたが次男、長女は手を合わしたのだろうか・・

こういう家族行事を大切にできないようでは家長失格である。今夜聞いてみよう・・

 

娘の誕生日

近頃、家族揃って食事することがトント減った( ;∀;)

親の最大の役目は”子を自立させること”

子供は自分の時間を友達や自身の成長に使うことはとても良いことだ。

子供が小さい頃、仕事に没頭して育児放棄していた自分が今更言える立場ではないが、思春期の長女と過ごす時間は自分にとっても大切な時間。

我が家では誕生日会は必ず家族全員で食事をすることを行事としている。

先日、各々が時間を捻出して名古屋のレストランへ。高層階のレストランでありながらお値打ちな家族プランがあって大満足。

およそ二時間、普段話さないようなことも色々と話せてよかった。

家族との時間も有限であることを意識しこれからも「家族の良さ」を子供達に引き続き伝えて行きたい。

赤ワインに酔ったのだろうか・・大人になったな~と娘の後ろ姿を見てしみじみ思う(;^ω^)

 

 

 

 

子供のヤル気スイッチは何処にあるの?(;^ω^)

大学二年生の次男、高校三年生の長女。人生で一番「勉強」に注力しなければならない年頃。しかし、私生活を始めダラダラと日常を過ごす姿が目に付く・・家人は夏休みに入ると途端に不機嫌になるのは近頃恒例となっている(;^ω^)

父としてではなく経営者として、指導者として客観的に子供を見つめてみると「課題の先送り」が一番の修正ポイントとして捉えた。

既に遅しなのかもしれないが、自分の経験を踏まえ、論理的に指導してみようと思う。

書店でこんな本を見かけた。

かなり売れているようで、子供達でも判りやすい内容だ。自身の経験とこの本を重ね、長男と長女の夏休み特訓開始!(;^ω^)

継続

長男は社会人になってからもトラック競技を続けている。

昨夜は土砂降りの冷たい雨の中、5000mを力走した。

結果は目標タイムにおよそ50秒ほど届かなかったようで悔しい表情を見せていた。

何事にも目標を掲げ、継続して努力する姿に我が子ながらちょっと感心してウルウルきた(;^ω^)

交通事故の後遺症からか腰痛が酷く今は長距離を走ることができないが、完治したら又ロングトレイルを爽快に走りたい気分。

スポーツは思考をポジティブにしてくれるから経営者は継続必須だ\(^o^)/

SUPRISE

次男からサプライズの誕生日プレゼントをもらった。直筆の手紙で十分満足だったのにバイトのお金が入ったということで現在勉強中のイタリアワインヽ(^o^)丿

長男と長女は残念ながら全くのスルー(;^ω^)家族で一番心優しいのは次男なのかもしれない(◎_◎;)

年末に次男も20歳、一人の成人として責任を問われる節目の年。優しさも大切だが同時に厳しさも親として指導せねばならない。

子供達とも年々対話が少なくなるのでこれからは意識的に時間を取って大人としての生き方を少しでも多く伝えたい。