作陶

家人が陶芸を楽しんでいるのが羨ましい。何かに没頭できることがあることは日々の生活に彩りと張り合いを与えてくれる。近頃、花器から食器にテーマが変わったようで、自宅でも土をこねている😊今から焼きあがりが楽しみだ💦

自分も多趣味だと思っていたが趣味は何かと聞かれると“仕事“とついつい答えてしまいそうだ💦社長職は仕事とプライベートが公私混同ではなく公私混合は正解だと思うので外遊びすることも美術館へ行くことも食べることも洋服をみて街ブラすることも仕事であり娯楽だ。だから仕事が趣味とみた場合範囲が広すぎる😅

心と頭が休まることは社長をやっている以上、訪れることはないので、ヒトの事、支払いの事を忘れる時間を欲しているのは確かであり、しばし悩みを解放するために没頭できるものが趣味と呼ぶものかもしれない。作陶、ワイン、英会話、映画鑑賞、釣り、バイク、911・・どれも趣味と呼ぶものではない気がする😅

迷子犬

帰宅時、歩道に震る犬を発見。ただならぬ様子だった為、車を停車させ近づいてみるとかなり衰弱した様子。オムツをしており飼われていたことが素人目にもわかった。一旦、車に乗せて帰り、暖が取れるよう段ボールを用意しミルクを与えた。初めての経験の為、助けることが善なのか悪なのかもわからず咄嗟に行動してしまった。

Google様で対応を調べてみると最寄りの保健所に連絡するのがベターのよう。犬に詳しくないがおそらくエアデールテリアという種類らしい。連絡すると一時間ほどで保健所の担当者が来てくれた。保護した場所や処置の内容を伝えて引き取ってくれた。

安堵と共に飼い主が見つからない場合のことが不安になった。

平和に感謝する日

9月11日はポルシェの日・・ということで仲間と911の話で盛り上がった😊

閑話休題、

2001年に起きたアメリカ同時多発テロ。テレビの前で釘付けになって呆然とした。

他人事は悲しいことも楽しいことも時間の経過と共に記憶が薄れることがある。

自分事として今日も生きていることに感謝したい。

達筆

恩師から手紙をいただいた。

流石、書道家だけあって字が美しい。

文字を書くことが著しく減った現代、肉筆がもたらす意義が大きく変わったと常々感じる。

師匠の影響で多少、字を書くことを心がけているが、自身の下手くそな字をみると少々落ち込む。だからといって今からペン習字教室に通う熱量はない💦

字も持って生まれた才能、センスがあるだろう。せめて相手を慕い丁寧に書くことは実践したい😊

ほっこり

誕生日のお祝いを伝えたく義母宅を訪ねた。

玄関先から大声で何度も挨拶しても返事が一向にない。奥からテレビの音は聞こえてくる。心配になり居間に進むと扇風機の前でお昼寝中😊

あまりに心地よく眠っていたので声がかけられず、祝いのお花と好物のスルメと煎餅をおいて撤収。帰宅して暫くするとお礼の言葉を携帯に頂いた。

経営職である故に気が抜けない日が多い中、こういう長閑なひと時に心が安らぐ思いがする。

父母共に病気と分かって数日であの世へ逝った。どうか義父と義母は健康で長寿であって欲しいと願う😊

書作小品展

恩師が数年ぶりに書作小品展を開催した。桑名の川スミメガネさんのギャラリーで開催された。

高校時代、国語の教師でありバドミント部の指導者でもあった。多感な年頃、グレずに何とかまともに学校を卒業し社会人となれたのも師の熱血指導のお陰であり現在も引き続き人生の師匠の一人である。

御年70を過ぎたが相変わらず眼光鋭く、ボキャブラリー豊富で会話もウィットに富んでいる。

これまで歩んできた人生を言葉にして、師匠に一筆描いて貰おうと願っているのだが中々しっとりくる言葉が見つからない。愚公移山、天上大風、光彩陸離・・師は立派な四字熟語を生き生きと表現されているが自分が歩んできた経営道はちょっと違う。

今は忘己利他(もうこりた)かな・・?😅

カブトムシ

カブトムシのメスが玄関に飛来した😅

何十年ぶりだろう、カブトムシに触れるのは・・幼少期、松阪に住む叔父さんの家に行きカブトムシをとることが夏休み一番の楽しみだった。年齢を重ねた今でも良い思い出として心に残っている。

今時の子供さんの夏休みの思い出作りは何なのだろう・・自然から人生の為になることを多く学と思うのでアウトドア遊びは是非ご家族でお楽しみに頂きたい😊

セントレア

何年振りだろう?

常滑市の中部国際空港へ娘を送りに出かけた😓

店内のテナントさんも随分と入れ替わった様子。離着便が多い時間帯にも関わらずお盆前の平日とあってか混雑はしていない。空港が賑わいを取り戻すにはもう少し先になるのだろう。

娘からエメラルドグリーンに輝く海の写真が送られてきた💦

決算もしまったので旅したくてじっとしてられない😆

座席

特急列車に乗る席はいつも決まっている。

車列の先頭に近い車両を選び、車両の先頭に近い窓側席。そしてもう一つの拘りが太陽の傾きに合わせ進行方向を右側か左側をチョイス。車窓からの眺めは瞑想するにも良いので極力カーテンは閉じたくない。

ほんの少し選択を考えることが未来の進化に繋がる。

風呂桶と風呂椅子

を新調した✌️

サワラ材は香りも良くとても気に入っている。プラスチック製にはない質感も堪らなくイイ✌️

使用後は直射日光に当てず陰干しで乾燥させているが使い方によるが2年から3年ほどで黒ずんでくる。サンドペーパーなどで木肌を磨けば使い続けることもできなくもないが・・近頃、買い替えることも必要だと考えている。物の価値を知った上で消費することが伝統的な物や人や文化を応援することだと感じるから。これも一つの循環型社会への自分の思いでもある。プラスチック製なら洗えば汚れも落ちる、白だと経年変化で黄ばむこともあるが濃い色なら何年か使えるだろう。それもありだと思うが、やはり日本の伝統的な物を日常生活で使うことがこれから大切にしたいと思う気持ちが強く抑えられない。

Scroll to top