女性に感謝する日

ホワイトデーの今日は好きな女性に思いを伝える日・・と同時にお世話になっている女性に感謝を伝える日でもある。「バレンタインのお返し」とか儀式的なことでなく、心から「お陰さまでありがとう」を伝えたい。

人に何かを「贈る」ことを妄想している時ってワクワクして新事業が閃めくことが多い。

「思い」は言葉、文字、行動で表現しなければ相手に伝わらない。


記憶

近頃、幼少の頃に聞いた音楽が突然蘇る。

小学生の頃、通学前に「おはよう!こどもショー」という朝番組をよく見ていた。この番組の中で使われていたこの曲。

「グダグタの曲」 歌い手は森川正太さん。

いや~今でも歌詞見なくて歌えるとは記憶というのはとても不思議。

瞑想を行っているからだろうか・・老いたからだろうか・・それともストレスだろうか(;^ω^)

南四日市駅

弊社のある四日市日永5丁目は二つの最寄り駅がある。一つはあすなろう鉄道内部線の泊駅、もう一つがJR関西線の南四日市駅。どちらからも徒歩10分以内の距離。出張などで時々電車を利用するのだが発着便が一時間に2本ほどなので決して便利ではない。

利用客も自ずと少ないので駅前、駅構内(もちろん無人)共に閑散としている。

ただ、どちらも良い意味で「昭和の哀愁感」漂っていて違う視点から見ると意外な利用方法が見つかるかも。構内でアパレルのポップアップショップやアートギャラリーなんかやってみても面白いかも。

嗚呼、四日市を多様性のある街に生まれ変わらせたい・・

BGM

公衆トイレに入ると、時々音符マークのスイッチを見かける。

諸兄諸姉も押されたご経験がお有かと思うが、プッシュすると水が流れるBGMが流れる。奥ゆかしいというか・・日本らしいというか・・トイレメーカーさん良く考えるな(;^ω^)

ただ、私的には全く必要ない機能だと思う。音量をかなり大きくしないと実際に用を足す音は消せない。又、節水を兼ねているが洗浄しながら用を足した方が便器が綺麗に保たれる利点もある。もしも音を鳴らすなら常時レストルームにジャズなどのBGMを使う方がベターではないだろうか。

日本文化と言われればそうかもしれないが、誰だって用を足す際は音が出るものだ。それよりも使用後便座を閉めたり、トイレットペーパーを正しく切ったり(切り取り線で切れていない場合多々有り)など利用者のモラルをあげることが重要だと思う。

街路樹

百日紅(サルスベリ)が連なるご近所の歩道。
夏から初秋にかけ綺麗な花を咲かし、樹皮も独特な艶で個人的に好きな花木の一種。

早朝から庭師さんが大掛かりな剪定を行っている。

素人目には「こんなに枝を刈り落として良いのだろうか?」と疑問に感じた。

枝葉がご近所さんに迷惑となっているからだろうか・・

我が家に鎮座する大きなクスノ木も成長が早く落葉も大量に出るのでご近所様に迷惑とならぬよう春先には剪定をしなければならない。ただ、高木なので一人ではできないのでプロに頼むとしよう。

街路樹がある街並みはとて心が和む。