第四世代のレンジローバー

先日、仕事の合間をぬって新車発表会に出向いた。
そう、砂漠のロールスロイスやキングオブ4WDの位名を持つニューレンジローバーのお披露目会。

いや~デカくてラグジュアリー・・ドバイあたりの大富豪がもっとも似合う空気に圧倒された。
世界初のオールアルミボディを採用したり、最新鋭の電子制御技術が惜しみなく投入されているという。
それにしても前モデルからあらゆる面でグレードアップされたようだ。特に内装はシンプルだけれど、素材に超一級品が使われている。レザーとアルミ、そしてウッドとのバランスは見れば見るほど惚れ惚れする。エクステリアもカタログではパッと見変化がなさそうに思えたが、実物は驚く程”角”が取れて洗練されていた。
さて、気になるお値段だが、これは庶民がおいそれと手を出せる次元ではない(笑)
しかし、前モデルと変わらない価格設定は非常に適正価格だと感じる。営業の方の話によると、既に数台の予約が入っているとの事。1500万円前後の車に試乗もせずにオーダーするとは、これまた世の中にはお金のやり場に困っている方がいらっしゃるもんだ・・
これはあくまでも私の予想ではあるが、本モデルも中古車市場に並ぶと、驚くほど”値落ち”するのではないかと考える。あまりにも高級4WD車としては浮世離れしすぎていると思う。中東の地なら兎も角、日本ではこの車の持ち味を発揮できるシチュエーションがあまりにも少ない。
発表会では試乗車も用意されていると思い、ルンルン気分で向かったが残念ながら試乗車は今月末に用意が整うとのこと。超冷やかしになるが、ランドローバー好きとしては是非乗っておきたい。
自分もクラシックレンジローバーと出会い、あれこれ15年近くが経つと思うが、今だに人生を共にする車と考えている。部品と家人の慈愛(爆)があればこの先もクラシックと付き合いたいと思う・・そんなことを考えながらショールームを後にした。

シャツ

男性ファッションにおいて、シャツは非常に重要なパーツであると思う。
先日、誂えを依頼していたシャツが出来上がった(既製品でも良いのだが小生の体型には誂えものしか着れない)

生まれてから今日までにかなりの枚数のシャツを着てきたと思うが、40台半ばにしてようやく自分スタイルのシャツに落ち着いた。
衿型はワイドスプレッドカラー(通称ウィンザーカラー)台衿は硬め、前みごろはフレンチフロント、後ろみごろはバックダーツ、胸ポケットは勿論ナシ、イニシャルのA刺繍は左脇腹、裾は大半がテールドボトム、袖のボタンホールはコンバーチブルカフス。
柄は、最も多いのがブルー系の無地(以外にも白より多い)、続いてネイビーのロンスト、そして青系が入ったグラフチェック。ピンクや茶系のカラーも過去に作った記憶があるが、今は殆ど着ない。
クローゼットのシャツ棚を見ると見事に自分の好みが現れている。
シャツとハイゲージのコットンセーターを合わせるような春の装いを早くしたい今日このごろだ。

LAST

「LAST↑」と言う単語を聞くと形容詞の”最後の”或いは”最終の”などの意味を思い浮かべる方も多いかと思う。
自分は”LAST↓”というとこの書籍を一番に思い浮かべる。

名詞の”靴型”である。
世の中には靴に関する書籍が色々とあるが、シムサム・メディア社がリリースするLASTは読み応え十分であり大好きだ(同社がリリースするクロノスという時計本も実にイイ)
どうすれば靴が綺麗に写真として表現できるかを実にカメラマンは熟知していると思う。
月末から月初にかけてジョンロブの”BY REQUEST FAIR”が始まる。ちょっとばかり心がゆらいでしまうが、春は我慢しようと思う(笑)
そんな愛読書ラストの巻末に大凡こんな内容の事が記されていた。
タイトルは”女性が語る男性のエレガンスとは・・”
その中の一文に、
防水使用ではないラップトップのコンピューターにコーヒーがこぼれた・・駐車場に戻ったら車に10円チョップされていた・・お気に入りのレストランに予約をしたにも関わらず手違いで予約が確定されていなかった・・部下が大切なプレゼン会議に遅れた・・信頼していた右腕がコンペティターに転職した・・大型プロジェクトの案件がドタキャンになった・・
想定外の事が起こっても穏やかに平然と受け入れ、すぐさま大概案を考えられる男性は本当にエレガントだと思う・・
確かに私もそう思う!そう思える薬があるなら直ぐに飲みたい!
私の手帳には”怒らない” ”冷静沈着に” ”ひと呼吸おこ” そう大きく書いてある(爆)

阪神百貨店

過去に三越伊勢丹ホールディングスの株を買ったことはあるが、百貨店で一番好きなのは阪神百貨店である。
阪急も大丸(松坂屋)も近鉄も素敵だと思うが、阪神百貨店は別格である。
地下街と隣接する地下一階のフードコートの雰囲気は特にイイ。

味は勿論、お好み焼きをつくる店主やスタッフの笑顔も素敵であり、名物のイカ焼きも一気に3枚は食えるほど旨い。小さなテーブルに見知らぬ物どうしが肩を寄せ合いながら食べるスタイルが最も心地良い。
衣料品売り場、化粧品売り場、プレミアムブランド売り場・・どこの売り場もふわっとした穏やかな暖かい空気が漂っている。
小生は生まれも、育ちも三重県であるのだが、近頃大阪で生活する事を夢見る事がしばしばある。京都や神戸、東京や横浜、福岡も素敵だと思うが何故か大阪に一番ひかれる。
他県で商いできるチャンスを頂けるなら支店一号は絶対に大阪でやらせて頂きたいと思う。
そろそろ次のステージへ行きたい!

スタッフ

弊社のゴットマザー”MAMI”

肩書きは”総務”とあるが、人事、金策、売上管理、業務改善・・ありとあらゆる仕事に携わって頂いている。
「社長が居ないリスクよりも彼女が居ないリスクの方が高い」・・と従業員が声を揃えていう。
嬉しいような悲しいような(爆)でも、ありがたい。
弊社がこの厳しい市況の中で20年近く何とかやりくりできているのは、彼女の存在が本当にデカイ。これはお世辞ではない。
持ち前の”ハッキリ物を言う”性格は時々弊社の幹部ともドンパチやるが、それもこれも仕事に一生懸命だからだ。
彼女の直向きな仕事への情熱を私は心から尊敬している。
いつだったか、こんなニュアンスの言葉を私にかけてくれた。
「いつの日か会社が安定し、社会から必要とされた時、振り返って社長と美味しいお酒を飲むのが私の夢です」
何年たっても、人に泣かされる事があるが、彼女のように献身的に私を支えてくれる人も傍にいる。その為には社会から必要とされる企業に一日も早くならなければならない。