New recruits

業界的に人手不足が深刻な小売業でありながらお陰様で、今春多くの新入社員を迎えることができた。

弊社の繁忙店の一つである着楽(チャクラ)に新しく入った男性二人ヽ(^o^)丿

南川㊚38歳、大福㊚23歳

南川は某百貨店で長年の販売経験を持つこの道のスペシャリスト。趣味はサーフィン。一方の新卒で入社したオオフクは「好きなことを仕事にする」と決意し沖縄から移住してきた若者。

着楽は女性の方にもご贔屓頂いているのでちょっと暑苦しい感じがするが間もなく2名の女性も加わる予定なので益々楽しみな売り場作りができそうだ!

サブカルチャーを通じ地域を豊かにすることは勿論のこと、小売業界の働き方改革においても結果を出したいと強く思う。

 

 

 

Traveller

基本「ヒト」が好き。

 

今日近所の公園で自転車で旅を続ける方と出逢った。

ツーリングバイクに装着された輪行バッグのサイズから見てロングトラベル。

 

 

勇気を出して声をかけてみた(;^ω^)

 

北海道から九州へ戻る予定だという。76日目だという。

公園も夕食を食べるのにバーナーなどを使ったりすると色々と文句も言われると思い、弊社の駐車場を提供する旨を伝えると快諾いただいた。

 

アイスクリームとベビースターラーメンを提供し、お互い簡単な自己紹介。

束の間の会話だが、何だか同じ空気感を感じ心地よかった。

 

創業間もない頃、ヨーロッパへバックパック一丁で色々な街を巡った。冬のセーヌ川で段ボールを敷いて寝た事もあったことを思い出す。

 

旅は人を強くすると同時に優しい心が宿る。

 

明朝5時に起きて、又100キロこぐという。無事に故郷へ帰って欲しいことを願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友との会食

豊かな人生の中で友達の価値はとても高いと自分は考える。
この年になっても社外に商売抜きで趣味の話題や仕事の話、家族の話、女性の話(;^ω^)ができるのは嬉しい。
昨夜、ドイツ人の旧友(といっても人生の大先輩)と一席楽しい時間を過ごさせていただいた。

アルコールが入りながらの日本語、英語、ドイツ語のカンバセーションは脳みそフルスロットルで酔いが早い(-_-;)
嗚呼、楽しいひと時。
しかし、外国人の方は根本的に体格の違いがあるとは思うが兎に角酒が強い。あれだけ飲んでもハングオーバーにならないとは唖然である。
 

四日市で頑張っている方

市内およそ30店舗の飲食店が加入するアラウンド4の発起人であり、三重うまし国横丁の社長である吉田金二朗氏が市内広報に紹介されていた。

吉田氏のことを沢山知っている訳ではないが、郷土愛に関しては自分と同じ、いやそれ以上あるかもしれない。

世の中にはいろいろな社長様がいらっしゃる。

神様に近いような社長、世のため・人のために山を上り続ける社長、残念ながら人間のクズのような社長も世の中には存在する。

自分も道半ばの社長として尊敬するのは、ぶれずに、群れずに、志した山を登る方だ。

吉田社長とは特別親しい間柄ではないが、心から尊敬する社長の一人である。