素敵なお店

ファッションを生業にして26年。お洒落は百人十色で良いと思う。

若い年は存分に流行を取り入れ、色やデザインも派手で鮮やかでも良いし、年を重ねる毎に上質な素材に拘ることも自然な流れだ。

但し、服を着こなすにあたり「手入れされていないものを纏うこと」と「サイズが大幅にあっていないものを纏うこと」は全くお洒落ではないと思う。

汚れたり、破れていてると清潔感に欠ける。又、時代によりフィット感がタイトになったりルーズになったりするのは世の常。しかし、裾や袖が適正範囲でないのは美しくない。

会社近くに素敵なお洋服お直しやさんがある\(^o^)/

「洋服なおしGBファクトリーさん」

革ジャンの裏地張り替え、パンツの裾上げ、ジャケットの袖ボタン替え、着古したシャツの襟替え・・幾度もお直しをお願いしているがどれもパーフェクトな出来。

我が街四日市もこういう職人さんのお店が決して無くならないで欲しいと願う今日この頃。

大甚本店

地下鉄伏見駅を上がった直ぐに大甚(ダイジン)という素敵な居酒屋があると聞きGO!

何と創業1907年。営業年数が100年を超える老舗居酒屋。

お酒は加茂鶴一択で他のアルコールメニューはビールしかないらしい。

全席相席で昭和の居酒屋そのものの店内。

生憎、時間帯も悪かったのか三人席がなく食事することは出来なかったのが残念だが次回はお一人様で再訪してみたい。

一世紀を超え経営できる秘訣は創業者の理念が後継者に脈々と受け継がれているからだろう・・つくつぐ感服する。

 

 

 

高山額装店さん

店舗の装飾にスカーフを額装したいと思い色々と検索したものの我が街四日市では請け負って頂けるお店を見つけることができなかった。

ネット上にはスカーフを額装頂けるお店が沢山見つかるが、この手の事は対面でお話を聞きながら進めたい。

先日、納谷橋界隈で会食を済ませた際、何気に目に入った素敵な佇まいのお店に入店。

高山額装店さん

創業1946年の老舗で名古屋イチの品揃えを誇るとのこと。額装作業はお店に併設されたアトリエで行う。

作業場を拝見し、店主の方に色々と話を聞くと安心して任せることを確信した。

「日々心掛けること」というお店のビジョンも素敵。作品の出来上がりがとても楽しみだ!

 

 

惹句

“いい男の聖地でありたい”

大阪阪急百貨店メンズ館のキャッチコピーにグッと来たヽ(^o^)丿

会社経営していると「言葉の力」重さをしみじみ感じることがある。

今一度、弊社も理念や使命を文字化して掲示するようにしよう。

 

阪急メンズ館さん、平日の昼間だからなのか、来客数の少なさが少し気になった。かたや阪急本館のレディース売場は訪日女性客でごった返し活気に溢れていた。

景気は姫方とまだまだインバウンド頼りなのだろうか・・殿方のお洒落度アップの為にもメンズ館さんにはエールをおくりたい!

 

HIRUME

弊社のオリジナルブランドmimieで大変お世話になった生駒芳子さんが力を入れるオリジナルブランド「HIRUME」の作品を見せていただいた。

伝統工芸とハイファッションを組み合わたアイテムの数々。着る人、使う人をかなり選ぶと思うが素敵。

西陣織のリバーシブルスカジャンなどは大人の女性に是非来て貰いたい一枚。

ショールームもユニークで表参道から徒歩5分程の好立地の場所でありながら和庭園もあるミヤガワビレッジ。

 

当月も拙いブログをお読みいただき誠にありがとうございまいした。次月もどうぞよろしくお願い致します。