トラウトがリリースされた\(^o^)/

1993年の名作”ブラッシー”がBURTON SNOWBOARDよりリリースされた。

 

 

オリジナルサイズの157㎝でフリーランも楽しめるディレクショナルシャイプも魅力。

 

本作はバックアヤードプロジェクトのシリーズで生産数量はかなり希少とのこと。ただ、お値段が12諭吉とかなり強気のプライスレンジがどうなのか・・(◎_◎;)

 

全盛期のバートンを愛するスノーボーダーには堪らない一本であること間違いない。A-BONYでは少量フリー分があるので是非店頭でチェックを!

 

 

 

 

ナイトクラブ

先日、尾鷲を訪れた際、三次会で諸先輩方にナイトクラブへお連れいただいた。

ミラーボールがゆらゆらまわり、何とも昭和の感じが堪らない。

 

 

韓国人ママさんの熱い接客と濃いめの水割りで完全二日酔い(;^ω^)

 

仕事で訪れたというもののやはり旅はいいものだ\(^o^)/

伊勢木綿

尾鷲わっぱの製作風景も感動するが、伊勢木綿を織り上げる臼井織布さんの工場もこれまた素敵。

 

 

貴重な現場風景を拝見させていただいた。

 

カシャカシャとリズムの良い音が工場内に響き渡り、手際よく機械を操作する光景は圧巻。

 

独特の明るい柄と緩い編み方から生まれる柔らかい肌触りは女性からも人気の高い木綿。

 

mimieの商品として手ぬぐいやメンズのシャツなどの製作を以前行って頂いたが、残念ながら新製品の開発は滞っている。

県内では素材の良さを引き出し、トップセールスをあげておられる同業者の方もいらっしゃる。

 

改めて、伊勢木綿の素材の良さを実感したので次年度は新製品の開発にも精力的に取り組みたいと考える。

 

 

ぬし熊さん

尾鷲わっぱを皆さんご存知だろうか。

 

三重県指定の伝統工芸品であるワッパの産地は尾鷲にある。

創業明治20年の”ぬし熊”さんが唯一継承されている。

職人さんは”ぬし熊”という名前から大男を想像していたが、四段目の鹿峰氏は笑顔が素敵な小柄な紳士。

 

 

道具を手にし製作を始めると鋭い目つきに変わるところが、これまたカッコイイ。

 

わっぱとは杉や桧などの薄い板を曲げてつくる入れ物。まあ昔の弁当箱といった方が判りやすいだろうか。

 

軽量頑丈で殺菌性に優れ、おまけに火にも強いのには驚いた。

 

新事業のmimieで何かコラボレーションできないかを模索している。

 

リハビリテーション

腰痛と背筋痛が中々改善されないので、総合病院でリハビリを受診することにした。

 

 

およそ一時間、グッショリ汗をかいた。

マントゥーマンで専門医の方にストレッチを指導頂いたのだが、普段から体のかたい自分はまさに悶絶地獄(;^ω^)

施術後は確かに痛みもやわらぎ爽快感もあったが、来週もこの痛みを味わうと思うとストレッチ運動が益々嫌になりそう。

 

若い頃、スポーツを競技として楽しんでいた頃もストレッチが大嫌いだった。体の硬いのは”生まれつき”と思ってストレッチを避けてきた。からだに異変や痛みが出るためにストレッチを取り入れたが長続きすることはなかった。

 

だが、足腰の不具合は今のうちに治しておかないと年を重ねてから寝たきりになると厄介なので、今度こそは多少無理がきくギリギリの年齢なので継続して取り組みたい\(^o^)/