大切なボールペン、あわや紛失(;^ω^)

新調したカランダッシュのエクリドール♯849。筆不精な自分もこのボールペンを握ってから少しばかり「書く」ということが楽しく感ずるようになった。

先日、ノートに挟んでおいた♯849が突然何処かへ消えた。焦りながら寝室や職場の机周りを探すものの見当たらない。3000円の損失に大きく落胆しながら車に乗り込むと何と足元に本体のプッシュ部が落ちているのを発見。慌てて車から降り足元を探すとボディ部分も見つかった。ただ残念ながらリフィルは見当たらなかった。しかし、翌日手帳を開くを何とリフィルが背表紙の間に挟まっていた(;^ω^)

どうやら使用に伴いプッシュ部分が緩んでいたのが原因でバラバラに散乱した様子。兎に角、原因が判ったので今後はこのようなことは無いだろう・・でも、近頃モノ忘れが多いので置忘れがもっぱら心配(;^ω^)

当月も本BLOGにアクセスいただき誠にありがとうございました。次月はマーケット調査などで出張が多くなりますが引き続き日常の出来事を綴りたいと思います。誤字脱字も多く脈絡の無い文章ですが「継続」することが一つの「信頼」と思って頂ければありがたいです。暦の上では間もなく立春ですが寒さはしばらく続く予報ですので皆様、風邪など引かれませんようご注意下さい。日々、ありがとうございます。

決して一人では見ないでください

1977年に公開された傑作ホラーのサスペリアがリメイクされた。

当時10歳の頃にオリジナル作品を見たがゴブリンの音と斬新なスプリッター映像で途中、耳と目を塞いで鑑賞したことを思い出す(´;ω;`)

リメイク版のトレーラーを見るとヨーロッパ的な独特な作風で前作同様に恐怖感漂う。マダムブラン演じるティルダスウィントンの表情がこれまた堪らなくヤバイ。

この年になってもホラー映画を観に、お1人様映画館は絶対無理。家人を誘っても先ずお断りされるので小学生の頃、オリジナルを一緒に観た親友のYを誘ってみようかと思う(;^ω^)

それにしてもこの名キャッチコピーを考えたライターセンスに脱帽。

巨大ホームセンターが目と鼻の先にできるらしい

ホームセンターをブラブラするのは楽しい。ディスプレイに使う棚材を見たり、DIY工具を見たり、掃除道具を見たり、流行りの植物を見たりしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。会社の備品を買うにも近くにあるのは大変便利だ。

今秋、新しくできるイオンタウン泊に大型のホームセンターが開店するらしい。ホームセンター好きには朗報だが、徒歩3分程の目と鼻の先に大型のホームセンターが二つも必要なのだろうか?会社の経営母体が違うので多少の品揃えの違いがあったり、競争原理で買い手にはお得感の価格設定になるかもしれないが、街の多様性という面から見ると”ウンザリ”な感がある。コンビニエンスストア、ロードサイドの外食チェーン店、家電量販店、ファストファッション店、偽物も混じった二次流通品を扱う中古販売店・・

そろそろ市民の声を政治に反映させ、街づくりを本気で考えないとヤバイ気がする。

父の誕生日

お恥ずかしい話になるが、父と仲が良くない。

もともとは経営に対する考え方の違いから距離を置くようになったのだが、人生観に関してもお互い年を重ねる毎に益々開きがでてきた。

幸い健康なので母が他界した後も身の回りの身支度を自分自身で行ってはいるが、今日で78歳になるのでそろそろ健康面も気になるところ。

「中が悪いから」といっても実の親子なので世話を放棄することはできない。親戚とも実の娘とも疎遠になっているので、万が一病気などで入院した際は自分が責任を果たさねばならない。

「こんな経営者になりたくない」「こんな父親にはなりたくない」反面教師に沢山のことを学んだ。

信じられない話に聞こえるかもしれないが「誕生日おめでとう」といって実家を訪ねるに相当なエネルギーが必要となる。手紙で済ませるかそれとも玄関のチャイムを鳴らすか・・親子の関係は無常である。

俵屋

昨日の続き京都のお話。創業300余年、京都を代表する老舗旅館の俵屋旅館さん、この時代にオフィシャルHPなくとも多方面でこの旅館の素晴らしさを時折耳にする。気軽に宿泊できるような価格帯ではないが元気なうちに一度宿泊して「しつらい」「もてなし」「ふるまい」を是非勉強させて頂きたい。

旅館の敷地の一角にあるこちらのカフェ「遊形 サロン・ド・テ」も俵屋さんが運営されている。

決して広くはない空間に良質な北欧ビンテージ家具や照明が並ぶ。ブラジリアンローズ材を使ったフィンユールの椅子も空いていれば座ってお茶することも可能。店内には現当主の佐藤年氏のご主人アーネスト佐藤氏の写真作品がセンス良く飾られている。

こちらのお店、何よりも女性スタッフさんの接客が素敵。決して派手ではないが奥ゆかしさをとても感じた。

この空間であればついつい時間を忘れ長居してしまう。大声での井戸端会議はなし。宿題する非常識な学生もなし。子供が走り回ることもなし。来店されるお客様に品格のようなものも感じる。(決して上から目線ではございません)

こういう文化を伝えられるお店がここ四日市でも評価される街にもっとなっていって欲しい。