上等な食事処

私事になるが、昨日46回目の誕生日を迎えることができた。
友人からも沢山の祝メールや会社スタッフからお菓子等を頂いた。とてもありがたい。
自分の年齢を客観的に数字で見るとゾッとするのが本音だが、これからも健康には十分注意し仕事を通じて社会のお役立てに努めたいと思う。
そんな久々の休日に家人と一緒にランチへ出かけた。
四日市の中心街にある”呼月”さんを利用させて頂いた。
日本料理の会席なのだが、お味、盛り付けの美しさは勿論の事、ボリューム感が豊富なのも男性にお薦めだ。

中居さんの作法も美しく心配りも凄く良い、インテリアも大変モダンで四日市に存在するレストランとして大変誇りに感じる。
次月は雛祭りやホワイトデイなどでレストランに女性をお誘いする機会も多いと思う。ちょっと料金はお高めだが、ランチタイムならコストパフォーマンスも良いので是非一度ご利用頂きたい。

映画デート

次男とポップコーン映画”ダイハードラストデイ”を観た。

某映画レビューでは低評価であったが、やっぱりネットの風評を信じてはいけない。
私と次男にとっては満点のデキだった(笑)
映画のストーリーも大切だが、大切な人と観る映画の時間はもっと大切だと思う。
次月は娘と”ひまわりと子犬の7日間”を見るとしよう。

おまけ・・付録・・???

近頃、ムック本に付録が付いたタイトルを書店でよく見かける。

はっきり言って、これはマイナス効果だと思う。
本文は読みたいが、付録は不要なので買うのを躊躇する。
確かに付録があるので、その場で開いて読むことはできない。買わなければ内容が読めない。本を買うとおまけが付いてくるのでお得感がある。
一石二鳥的なのは理解できなくもないが、兎に角付録がゴミと感じる物にとっては購入動機を削がれる。
こんなサービスでは益々、電子書籍にやられると思う。

男性誌

それにしても今年の冬は寒い。昨夜も橋上が凍結していた。
北の地では豪雪が続いているとの事・・春はまだまだ遠く感じる。
最近、セールスが好調と耳にする男性誌であるが、今月号は人気の後押しもあってか、各社かなり気合の入り具合を感じた。内容も濃く、情報配信側の我々も大変勉強になる。

本来、この季節にリリースされるファッション誌は春夏の話題がメインであるが、未だ冬のアイテムを掲載されている点も季節に同期していて読みやすい。
20日前後は職業柄ありとあらゆる雑誌に目を通すが、リリースが多過ぎて読みきれない(汗)

横浜出張

先日、パシフィコ横浜で開催された国内最大規模の3S(スケート、スノー、サーフ)見本市に参加した。

開催場所や規模は色々と変化しているが20年ほど前に弊社がスノーボードの取り扱いを始めた頃から、ずっと続いている商談会である。
年に一度、ここへ来るたびに商売の原点のようなものを思い出し気が引き締まる。
出展ブースの雰囲気や来場者の方々も随分変わった。時々、昔のスター(ライダー)を見かけたが、昔の”ヤンチャ”な面影はない。
時は確実に流れている。
以前はスノーボードがスキーのトレンドを追い抜いたように伝えられていたが、ここ数年スノーボードがスキーに抜かれているとも聞く。スノーボードやサーフィン、スケートボードといったサイドスタンススポーツも今はランニングやトレッキングに人気を奪われているとも聞く。
どんな文化やモノも何れは廃れ、消えていく運命にある。
消えて無くならない為には、何かを捨て、新しい事にチャレンジする勇気が必要である。
そんな事を考えならが横浜をあとにした。