PROJECT X

久しぶりに時間が取れたのでDVDをレンタルした。
以前から観たいと思っていた、シチュエーション系の洋画”PROJECT X”・・確か日本では未公開作。

誕生パーティで乱痴気騒ぎをする高校生の一夜をハンディカムで撮影された本作。兎に角、低予算ながら映画の新しい表現方法として個人的には素晴らしい作品だと感じた。
本作の展開が大ヒット作”ハングオーバー”とよく似ている思っていたが、製作にトッドフィリップ氏が参加されているとのこと・・やっぱり。
日本ではホームパーティという文化に馴染みは薄いが、噂が噂を呼んで参加者が膨れ上がる展開はSNSサイトがこれだけ広まり定着した日本でもありうると思う。
好みがかなり分かれる作品と思うが、ピンときた方には是非観て頂きたい一本。
また、同じ臭いの”CHRONICLE”も観たいが近所のツタヤさんではレンタルしていない・・涙

秘密兵器

社用車のDEFENDERはフィールドへお客様を送迎させて頂いたり、商品搬送などでフルに活躍している。また、最近は店内什器用の大きな合板や薪ストーブ用の雑木運搬にも。
車内に入りきらない大きなものはシートをリクライニングさせたり、土汚れの付いた雑木はブルーシートを室内に敷いて対応してきた。
先日、あるサイトにとっても便利な代物が紹介されていた。
ヒッチボールに装着可能はヒッチキャリアがTHULEから発売されているとのこと。

十分な耐荷重で、価格も決して高額ではない。おまけに脱着がワンタッチで行える点がいい。
これで、車内がドロンコまみれになる事が無くなった(笑)
キャリアメーカーのパイオニア”THULE”はやっぱ凄い。

快眠グッズ

寝苦しい季節がやってきた。
近年、日本でも真夏日には40度近くになる日も珍しくない。
そんな猛暑の日にはエアコンや扇風機に頼るわけであるが、極力地球環境や自身の体の為にも使わすに過ごせればベターである。
夏場、睡眠が足りないと必ず夏バテする。かといってエアコンをつけっぱなしで寝ると翌朝のダルさは半端ない。
先日近所のホームセンターで”快眠グッズフェア”をやっていた。
冷触感ジェルのシーツや蚊帳、風鈴など涼を思わせるユニークなグッズが沢山紹介されていた。
その中で、とっても気になったのでが天然竹でつくられた”竹シーツ”
天然素材なので体にも良いだろうし、ボリュームの割には価格もお値打ち感があったので早速試してみた。

いや~快適快適!
最初、竹特有のキツイ臭いが気になるかもしれないが、ヒンヤリとする冷触感は抜群にイイ。
見た目ゴツゴツして痛そうに思えるが、マットレスとの愛称もよく朝まで爆睡できる。
これはオススメの逸品!

無人レジ

近所のスーパーでも無人レジ機が導入された。

物凄く合理的であり、店側と客側の双方にメリットが大きい。
人件費削減、スペースの有効活用、つり銭間違いの根絶などが主な店側のメリット。
客側はレジに並ばなくても良いし、子供と一緒にお買い物ゴッコが楽しめる。
数年後には大手量販店での決済は”ゲートを潜れば完結”するシステムになるのであろう。
何だか寂しい気もするが、これが時代の流れである。
どんどん人間の行う単純作業はこの世から消えていくだろう。
インターネットと機械化(企業の合理化)の普及が人を実店舗から排除していく・・
・・果たして”イイ時代”というのだろうか