star wars

STARWARS エピソード7のオフィシャルトレーラーがUPされた。

物凄く出し惜しみ感ある内容ではあるが、フェイクではなくオフィシャルで間違いないようだ。サッと画像を見る限りはエピソード6までの流れを汲んでおり、往年のファンには堪らない作品になるのではないだろうか。

あのテーマ曲を聴くと、SWファンにとっては尋常じゃないほどに高揚感が高まる。

公開予定は2015年の12月ということなので今から一年先ではあるがロードショーが待ち遠しい。おそらくスターウォーズ関連フィギュアなどのグッズも再燃すると思われるので弊社の玩具事業部では仕入れを積極的に行いたいと思う。

さて、今日で11月も終わりです。当月も沢山のお客様にご贔屓頂き誠にありがとうございました。今年も残すところ一か月となりましたが、従業員一同精一杯頑張ってまいりたいと思いますので引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

九官鳥

家族を持ってからだろうか・・もう20年以上ペットを飼っていない。

近頃のペットブームもあってか、私の知人宅も犬や猫を飼っているという話を耳にする。飼い主の方が口を揃えていうのが、

”ペットがもたらす癒し”

その昔(確か中学生か高校生)、我が家では”さっちゃん”という九官鳥を長年飼っていた。

亡き母が大変可愛がっていたことをついこないだのように思い出す。

おはよう! こんにちは! さっちゃん!(自分の名前)この3つの言葉を確か話していた。餌は九官鳥専用の物がペットショップで手軽に買え、散歩に連れ出す手間も無く、鳥籠の掃除もとても簡単だった。ただ、野良猫の餌食になる可能性があったので天気の良い日の日向ぼっこはとても注意した。

子供たちも大きくなり手がかからなくなってきた。

そろそろ家族の一員となってもらえるような愛らしいペットを迎えようとするか・・

それにしても犬や猫の高価格には驚く(◎_◎;)

INTERSTELLAR

今冬一番話題の洋画インタステラーをIMAXで見てきた。

私的には★4点といったところ。映像はもちろん、音楽も、豪華俳優陣の演技も、練られた脚本も、とっても素敵だったがどうも宇宙系のSF物は陶酔できない。

帯同した家人は「何これ?」(◎_◎;)そもそも現実主義で賢い女性にこの手の空想科学のお話はミスマッチの方が多いかもしれない。たまたまなのか劇場内はほとんどが男性の方ばかりだったような・・

多くの方がレビューに書かれているように宇宙に関する科学的な情報を少しばかり予習してからご覧になられた方がスムースかも。

2001年宇宙の旅、ライトスタッフ、コンタクト、マトリックス、未知との遭遇、ポルターガイスト・・鑑賞後そんな過去の名作を思い出した。

3時間近くの時間を年末にブロックするのは難しいが、もしも時間が取れるならばもう一度、中学2年生の娘を誘って鑑賞し、感想を聞いてみたいな。

プレゼンテーション

会社の社長という立場の人間は色々な場面で考えや思いを言葉や数字、時には映像にトランスレートして伝えなければならない。

先日、現役大学生を前にプレゼンテーションする機会があった。

大勢の前で話をするのが得意ではない自分は台本(カンニングペーパー)を時々用意する。

頭に思い描いたことを終始伝えきれる能力があれば良いのだが、聞く側の空気や場の雰囲気により申し伝えたいことが欠落しては本末転倒と思っている。また、ある面では準備不足の時などにカンぺがあれば心強いものだ。

しかし、先日のプレゼンテーションは考えや思いが相手に全く届いていなく終了後に猛省した。

帰宅後、酒を飲みながら失敗を思い返すと益々情けなくて悔しさが溢れてきた。こんな敗北感を感じたのは久々だ。
翌朝、何が悪かったかを自分なりに分析してみた。大きく3つのミスがあったと考える。

・明らかな準備不足。

・聞側の経験、立場、年齢を考えていなかった。

・心から思いを伝えようとしていなかった。

冷静に考えると仕事のミスや失敗も全く同じ要因で起こっていることに今更ながら気付いた。

今年も残り1か月少々、仕事を雑にしてはいけない。限られた時間内で綿密な計画をたて、やらなければならない仕事を誠心誠意やりきろうと思う。

信愛なる方からもカンペを見てのプレゼンはインパクトがうすくなる事もご指導頂いた。”めんどくさい”を理由にパワーポイントの使用も遠ざけてきた。

これから先の自分の立場や仕事を考え、プレゼンテーションに関してもしっかりと勉強し取り組みたいと思う。

 

またまた名古屋へ焼き物をチェックしにいく

名古屋ドームで開催されている、焼き物即売会が今日まで。

つい先日訪れた際、時間の関係で見損ねたブースもあったので、休日にも関わらず早起きし名古屋へ車を走らせた。

最終日とあってか平日の昼間、それも生憎の天気にも関わらず大勢の来場客で賑わいを見せていた。

弊社のアパレル店舗では若い作家さんの作品を中心に四日市の萬古焼を中心に取り扱いしている。焼き物についての見識をより深め、今後は各地の焼き物の取り扱いを始めたいと企んでいる(笑)

それにしても焼き物の世界は深くて難しい。特に人間国宝と言われる方の作品はこれが食器?飾り物?高額なプライス表示に驚く。

美術品、芸術品の多くは創作にかかった時間である程度の値付けがつけられると思うのだが、手仕事なのか機械仕事なのかが素人目にわからないのでなおさら手が出せない。

結局広いドーム内を3時間ほど回遊したが、購入した焼き物はゼロ(-_-;)

有田焼のシンプルな焼酎グラスを最後まで悩んだが、有田焼の本質を知らずして買うのは本意で無いと思い躊躇した。

敬愛する方が食事の席で「年を重ねるごとに酒は日本酒が好みになる」とおっしゃった。確かに近頃はワインや洋酒よりも焼酎や日本酒を飲むことが多くなった。

まさか、自分がお気に入りの”ぐい吞み”を選ぶ年齢になるとは想像していなかったのだが・・・