萬古焼をつかったイベントを開催

穏やかな日差しの下、四日市の萬古焼メーカーさんと共催イベントを開催した。

陶器のダッチオーブンを使いミネストローネスープをつくったり、桜のチップで燻製料理をふるまった。
キッズチームにはおなじみのマシュマロ焼き体験を楽しんで頂いた。
キャンプに陶器の調理器具やカトラリーを使うスタイルは近頃色々なキャンプ場で目にはするものの、ステンレスやアルミの軽量素材で割れないものがスタンダードとして使用されている。勿論、道具として素晴らしいが、スローなジャズを聴きながら、青空の下、ゆったりした空間なら陶器の調理器具は心地よい。しかも直火が可能で蓄熱性が優れているので寒い季節にはうってつけ。
モデラートでは今後新しいキャンプスタイルの提案にも益々力を入れて行きたい!そんな切欠になった2月最後のイベント。
当月も弊社の関連事業部をお引き立ていただき誠にありがとうございました。
 

48歳になった

今は亡き母親が自分をこの世に生んでくれて今日で48年が過ぎた。
年を重ねるスピードが年々早くなっている。
朝からメールや電話でお祝いの言葉を色々な方から頂戴した。この年になると誕生日は正直ありがたくないが”世間様に生かされている”自分を知るにはとても良い気付きの日である。
社長は”裸の王様”に絶対になってはならない。
「実るほど頭が垂れる稲穂かな」ということわざを大切に48歳を生きたいと思う。
家人からは前々から欲しいと願っていたリーデルのワイングラスを頂いた。ちょっぴり嬉しい。

カッコイイお仕事

高層ビルからカラフルなザイルが三本降りている。上空を見上げると3名の人影が。

ビルの窓ふきを行うプロの掃除人の方々。自然の岩壁壁に比べれば安全度は多少高いかもしれないが突然の風などが怖い。
また、もしも誤って掃除道具などを落としてしまった場合は大参事になり兼ねない。おそらく一瞬たりとも気の抜けないお仕事だろう。高いところがあまり得意ではない自分にとって縁遠いお仕事だ(-_-;)
人を貶めたり、人をだますような事はそもそも仕事といえないが、近頃自分のやりたい事だけをやって結果、認められれば仕事と説く世論もある。確かに一理あるし、仕事を始める切欠は自分本位で良いと思う。ただ、仕事の本質はやはり世の為、人の為、次の世代に仕える事であると私は思う。
 

フローリングにワックスをかけた

今日は久しぶりの休日。体も心もリフレッシュ中・・・
お気に入りのピアノ曲を聴きながら朝からリビングのワックスがけに汗を流している。

変わったリフレッシュ方法だと我ながら思うが、掃除をしてピッカピッカになる床を眺めると何だか心もピッカピッカになった気がする。
建築の専門の方からリンレイのウルトラタフコート(床ワックス)は抜群に輝くと聞いて早速試してみたところ、納得の輝き!
掃除を始めると、ここもあそこもと掃除しまくるのがA型・・?
充電完了!明日からまた仕事しまくろう!
 

恩師

私には人生に大きな影響を与えてくれた3人の恩師がいる。
そのうちの一人が高校時代にバドミントンクラブでご指導頂いたs先生。
半年ぶりに同級生を交えながら食事を共にさせて頂いた。
歯に衣着せぬモノの言い方は相変わらずで、御年67歳とは思えない相変わらず引き締まった体型も流石だ。
20年前に結婚祝いで頂いた色紙は私の宝物。

「狐掌鳴難」こしょうならしがたし・・・片方の手のひらだけでは、手を打ち鳴らせない。人は一人だけでは何もできない例え。
国語の先生らしく、書道の道も極められていた先生。当時、色々な四字熟語で徳をといて頂いた記憶があるが、50歳を前にしてようやくこの手の言葉の意味が腹に落ちるようになった。
近頃「智恩報徳」という言葉もお気に入り。早速、恩師にお願いしてみよう。