おかげさまで、ありがとうございました。

今日で2013年が終わる。
一年を締めくくる大切な一日ではあるが、365日の1日にすぎないので、いつも通り平常心で過ごそう(^O^)
今年も一生懸命、流されることなく生きた実感はあるが、完全にやりきった感は少し薄かった。
夏頃に体調を少し崩した時期があった。経営者の心が折れそうになったときは流石にまいった。
しかし、あの時の苦悩が今年一番の収穫だったと思う。
人を変える事よりも自分を変える事がどれほど大切で楽かを知った。
やるだけやって、それでもどうにもならない事は”潔く諦める事”も知った。
来年も数多くの小さな失敗を繰り返し、辛酸を舐め、挫折を味わうだろう。恐怖感を忘れず、常に学ぶ心を持ち合わせていきたい。
一年の終わりに感じることはいつも同じ気持。
お客様、お取引先様、従業員の皆、友、そして家族・・全ての方にお礼を伝えたい。
おかげさまでありがとう。
2014年も宜しくお願い致します。

愛車いじり

何故か暮になると車やバイクをいじりたくなる。
洗車は勿論、普段中々できないような事もやってみたくなる。
昨日、お天気が良かったので仕事の合間に社用車をいじってみた。
経年変化で色が落ちてしまったフロントグリルの再塗装。

エンジンのメカ的な修理や補修を行うことはできないが、部品の脱着程度は男なので少々はできる。
序でにウィンカーと車幅灯のベースもグリルにあわせて再塗装した。新品のように輝いたのでとっても気持いい。明日は定休日なので家人の車に自分のバイクなどもいじる予定。
お店は大晦日と元旦は定休日をいただくので、少しだけ仕事をして家事を手伝って穏やかにすごそうと思う。

旧友との食事

昨夜、久方ぶりに30年前の友と食事をした。

髪の毛が少しサッパリし、やや横にふっくらした体型は何だか時の流れを感じた(^O^)
しかし、5分も話せばあの時代にタイムスリップできるのが学生時代の仲間だ。
今、何処に住んでいるのか・・子供が何歳で何クラブをやってるかとか・・今、誰に逢いたいか・・などなど久しぶりのメンバーが揃うとお決まりの話題で盛り上がる(^_^;)
次回は春頃に開催する予定。
今の自分の価値観に最も近い方との酒席は血となり肉となる点が多いが、こういう酒席は心が洗われる思いがする。
年末年始、家族と過ごすのも大切だが旧友にメール?してみるのも良いのいでは!
やっぱりSNS復活しようかな(^O^)

クリスマスケーキに感謝

今年のクリスマスは長男がデコレーションケーキをつくってくれた。

見た目は全く売り物にならないが、子供の真心がこもったケーキは親にとっては最上級にうまい。キッチンのそこらじゅうに生クリームが散乱していたが、一人で細かくフルーツをカットし、ホイップしたクリームをスポンジに乗せる姿を見ていると何だか熱いものが込み上げてきた。
先日は会社の同僚からシフォンケーキを頂いた。親近者からお手製のお心遣い、これまた格別に嬉しい。
人にとって”食う”というは行為は生命を維持する上で絶対必要。しかし、飽食の現代、何だか食べ物への”尊いありがたさ”を忘れているようにも近頃感じる。
お腹いっぱい食べれる日常への感謝、家人が毎日行う飯の支度への感謝、大切な人と一緒に食事ができる時間への感謝・・
子供が悪戦苦闘してつくったケーキを食べながら”食”への感謝が溢れてきた。

男の身嗜み

近年、他所様の前で靴を脱ぐような機会が随分と減ったように感じる。
せいぜい和食レストランに入るときか知人宅に招かれたときぐらいだろうか。
しょうもない拘りになるのだが、自分は靴の脱ぎ方に一つ気をつけていることがある。
それは脱いだ靴の紐を履き口の中に入れておく所作。

靴好きは、相手が靴好きな人かそうでないかは手入れの仕方を見れば直ぐに判る。ある本で”靴と時計”を大切にする方は人を大切にすると書かれていたことがある。確かに一理あると思う。
しかし、靴も時計もその人の振る舞い方で随分と相手に与える印象が変わる。
ただ、サラッとやらないと入口でトロトロやっていては逆に神経質そうで相手に不快な思いにさせることになるのでご注意頂きたい。
革靴の紐は消耗品であるので、定期的に交換する必要があるが、こうしておくだけで紐先がささくれるのを防ぐ効果もある。
年末年始、靴を脱ぐ機会も多いので男性諸兄もちょっと意識されてみては如何だろう。