都庁舎

先日、間近で東京都庁舎をじっくり眺めてみた。日本を代表する建築家”丹下健三氏”のデザイン。

 
1991年バブル期に建てられた、そびえ立つコンクリートの塊は圧倒的な存在感を放つ。
ニューヨーク9・11崩壊映像を見て以来、高層ビルを眺めることも、入ることにも少し恐怖を感じる。
新宿には沢山の高層ビルが立ち並ぶ。ハレの日の夜景レストランにはもってこいデートスポットではあるが、地震大国にこれほどの高いコンクリートの塊は必要なのだろうか・・とついつい夢もないようなことを思ってしまう(;^ω^)​
何の信憑性もないネット情報であるが、現知事の舛添氏はこの高層ビルの7階で公務にあたっているとか。
東京都の公務にあたる方たちが一堂集まる都庁舎。​歴史の重みがオーラとして現れている凄い建築物だと改めて感じた。
当月も拙いブログをお読みいただき誠にありがとうございました。
​次月も日々の徒然を書きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
寒暖の差が激しくなってきました。どうぞ皆様お体ご自愛ください。

 

LEXUS LX570

NAGOYA MIDLAND SQUARE内にあるTOYOTAショールーム。
商談前にふらりと立ち寄ってみると大きなSUVが入口に鎮座する。
LEXUS LX570という車らしい・・PRICE TAGを見てビツクリ(;^ω^)
レクサスファンの皆様には大変失礼だが、魅力が判らない小生にとってはこの車が諭吉1000オーバーとは信じられない。
5.7リットルのエンジンを試乗もしていないのに何が判るとお叱りを受けそうだが、輸入SUV車のパクリと感じるインテリアデザインを随所に感じた。
また、素敵な女性スタッフの方も車の知識をあまりにも知らなさすぎる(;^ω^)駅前で車を本気で買う人はいないかもしれないが、若くて美貌を持つ女性よりもしっかりと質問に答えられるスタッフの方が望ましいのではないだろうか。
HPのDUBAIを舞台にしたTEASERも何だかもったいない。日本の富裕層に向けたイメージ広告ならばもっと日本の工芸的な細部の創りをアピールした方が今は旬ではないだろうか。
​レクサスブランドが日本でも苦戦していると聞いてしばらく経つが、やはりな・・と思ってしまった
※辛口のコメントあくまでもレクサスを買えない庶民の声としてお読みいただければ幸いです(;^ω^)​
 
​それにしても自動車業界は恐ろしい。VWの排ガス数値の隠蔽はヤバイ・・トヨタも数年前に色々と叩かれた・・きっと今度は急伸中のア○ディあたりもやり玉にあげられるのかも・・

GROHEのシャワーヘッド

先日、二子玉川のライズにある蔦谷家電さんを訪れた。
都会の人はいいな・・こういう商業施設があって\(^o^)/
ご近所にはヤマダ電機さんをはじめコジマさん、エイデンさんはあるが、どちらも国産の名の通った家電ばかりでワクワク感にはチト欠ける。
話が少し飛躍するがリアル店舗が生き残る手法に”あそこに行けば何だかワクワクする” ”他店に売ってないようなものがあるんじゃないか”・・そういう宝箱的な空間を提供する必要があるだろう。ただ、これを維持運営し商売として利益を出すことは至難の業であることは確かだが・・
実際、蔦谷家電さんも家電販売と本の収益が利益の源泉ではないのだろう。T-CARDの顧客情報に関連するロイヤリティや施設内での飲食、テナント収入、リーシングなど主ではないだろうか。
しかし、こういう空間をつくることに使命を感じ積極的に空間づくりする企業姿勢には感服する。
蔦谷家電さんを訪れると”いらっしゃいませ”という言葉はない。”おはようございます、こんにちは”などコンシェルジュさんの挨拶がすこぶる心地よい。
さて、そんな蔦谷家電さんで驚いたのがシャワーヘッドで人気の高いGROHE製品のラインナップが豊富であったこと。

ご存知のようにグローエのシャワーは名だたるホテルなどに導入されており​、5種類のスプレーパターンを持ったリレクサシリーズは最も人気アイテムの一つ。我が家のシャワーヘッドもいつの日かこちらの製品に取り換えたいと思っている。
こういった素晴らしい製品をご近所の家電屋さんで何故販売しないのだろう。食洗器だってドイツ製のMieleGAGGENAUは取り扱いしていない。フードミキサーのVITA-MIXだって取り扱いすれば間違いなく調理に拘るママさんを虜にするだろう。
​色々と書いたが、売っている店が無ければ弊社でやるしかない。そう思ってしまうのが自分の病気でもあるところ(;^ω^)
お客様をワクワクドキドキさせる小売りが都会にはあって我々地方に無いのは悲しい。インターネットやスマフォが無かった時代ならばともかく、良し悪しが判る目の肥えた消費者は沢山地方にもいらっしゃる。交通インフラも数年前と比べれば抜群に良くなっているので観光序に地方へ来てくれるだろう。
今、最も欲しいのは実店舗を50店建てられる事業用地だ!

タイトルのシャワーヘッドから大きく頓挫してしまった・・(;^ω^)​
​​

i-ROAD

表参道にひときわ異彩を放つ乗り物がとまっていた。さすがTOKYO!\(^o^)/
世界のTOYOTAがつくる超小型モビリティ”i-ROAD”

欲しい? 乗りたい? 所有したい?
と問われれば微妙な感じ(;^ω^)もするが未来的なデザインがユニークで素晴らしい。
TOKYOを訪れて楽しいと思う一つに色々な乗り物が往来している光景にワクワクする。
ご高齢のマダムと思われる方がベントレーを颯爽と運転するお姿や爬虫類色のランボロギーニが爆音をあげて表参道をかっ飛ぶ。
交通渋滞を縫うように走る自転車宅急便。大音量でAKBの音楽をかけながら走る大型広告車両。BMWの最新電気自動車にサーフボードを乗せて走るおじさま・・
1982年に放映されたブレードランナーの世界は2019年、5年後の地球で空を飛ぶ車が溢れていることは難しいかもしれないが、まさにブレードランナーの世界に登場していたのがi-roadのような乗り物。
TOYOTAは空中に浮遊するバックトゥーザフューチャー式スケートボードで話題をさらったばかり。
近頃、TOYOTAの広告が面白い\(^o^)/

木犀の香気

秋といえば、
 
食欲・行楽・栗・運動会・銀杏・読書・秋刀魚・・・色々な食べ物や日常が連想されるが、自分にとっての一番はモクセイの香気である。
あの甘い香りは春のジンチョウゲや夏のシャクナゲよりも大好きだ。
近頃、香をオモテナシとして大切にしているお店や施設が多いことを強く感じる。
弊社でも店前でお香を焚いたりして季節の香りを楽しんで頂こうとアレコレ試しているが、香りの難しいところは個人によってお好みが色々とあること。自分は良い香りと思っても人によってはNGもある。
香ビジネスって一番難しいかもしれないが、これからも益々伸びるビジネスなのではないだろうか。